PTA広報新聞の原稿依頼

まさか、自分が広報紙の原稿を依頼される日が来るとは!!

原稿のお題は、執行部役員としてお仕事内容のアピールや、抱負など。

大っぴらに、アピールする仕事もなければ、お恐れた抱負もなし。

っと、そんなことを言ったら身も蓋もないので、考えました。

以下、原稿です。

『「知らない」とか、「分からない」って、
いい事だな〜と最近思います。

知らないから、考えるし、
分からないから、相談する。

PTA活動において、役員を引き受ける段階で、
何も知らなくて、分からなくてALL OK!

それを、一人より二人、二人よりたくさんで、
あれやこれやと、相談して、
試行錯誤しながら、様々な行事を行っていく。

そのプロセスこそが、PTAの醍醐味で、
活動の意義なんじゃないかな〜と思うわけです。

実際、私も、知らないこと、分からないことのオンパレード。
不手際とハプニングの連続。

色々あるけれど、一人ではなく、二人でもなく、
たくさんの方々と共に日々過ごしているからこそ、
この色々を一緒に楽しめるし、そして、面白いのです。

気楽にいこう!PTA♫』

副会長らしい?

広報紙は7月発行予定。
無事にカットされずに、掲載されるでしょうか?!

さて、PTAって、自分ところの学校のことしか、普通は意識しないけれど、
実はものすごくシステム化された組織。


e0298709_21273726.jpg


これが、組織図。
自分ところの学校を'単P'といい、その上は'区P'や'郡P'があって、
都道府県ごとに'ブロック'がきて、統括は日本PTA全国協議会。

こちらは、その日本PTA全国協議会の広報紙。


e0298709_21273673.jpg


設立はなんと昭和22年。
歴史が古くて恐ろしいわぁ。

elly

広島ブログ
by 3f-company | 2013-05-19 08:00 | 日々のできごと
<< 映画「舟を編む」@シネツイン本通り 『テレビが聞けるラジオ』 >>