宝くじに当たったら…

宝くじの旗。

昨日のあねちゃんのブログを読んで、意識したら、
急にあちこちで、目に付くものです。


e0298709_212623.jpg


「宝くじに当たったら…」

義母の口癖の一つ
「病気で入院している子どもたちが
 楽しめる病棟を作ってあげたい。」

我が三人の子どもたち、乳飲み子時代に
一週間ほどの入院経験あり。

その時の思い出話と共に、
上記のセリフが登場するわけです。

いつもは、ふんふん と聞くだけのところが、
この間 初めて、
「で、おかあさん、いつも 幾らくらい買うの?」

「えっ、買ったことない」

あっ、そうなの~?!

買ってなくても、
「宝くじに当たったら…」って 夢 ありなのね。

私も今日から、買ってなくても、
夢を語ろうかな。

もちろんエステサロンのオーナー。
オーナーになって、毎日タダでエステをしてもらう。

あ、これ、昔、あねちゃんに言ったら、
所得が増えたら、毎日エステに通えるよ~って、
言われたんだったわ。

elly

広島ブログ
by 3f-company | 2013-07-30 08:00 | 日々のできごと
<< 映画「恋と愛の測り方」@DVD 当たったらどうする? >>