"中秋の名月"は満月なり

あねです。
今年の十五夜お月さまは満月です。
これは見逃せません!


e0298709_23565923.jpg
9月17日撮影

家に貼ってある"月ごよみカレンダー"
月の満ち欠け、旧暦の日付のほかに、
季節の草花、旬の野菜・魚介類まで書かれていて
毎日眺めていても飽きない内容が盛りだくさんです。


e0298709_23565696.jpg


今月は、"中秋の名月"についての説明書きもあるので
ここでご紹介します。

中秋の名月とは

-旧暦8月15日の夜に見える月。
-旧暦の秋は7月8月9月で旧暦8月は秋の真ん中にあたり、
-「仲秋」と呼ばれている。
-にんべんのない「中秋」は旧暦8月15日を指す。

「仲秋」は8月のこと、
「中秋」はそのまた真ん中の8月15日のこと。
なるほど。こんなに的確な説明をしていただけると、
図書館で調べる手間が省けます。
エヌ・プランニング(*)さん、ありがとうございます。

さて、満月とは限らない"中秋の名月"が
今年はどんぴしゃで満月です。


e0298709_23565440.jpg


次回の「"中秋の名月"は満月なり」は
2021年9月21日とのこと、
8年先で、東京開催のオリンピックよりもう少し先の話です。
さて、さて、どちらも、気長に待つとしますか。

いや、いや。それよりまず、本日の月を愛でるとしますか。


e0298709_2356524.jpg



(*)エヌ・プランニングが製作・販売している"月ごよみカレンダー"は、
年によっては、広島の東急ハンズに置いていることもあります。
なければ、ネットで取り寄せすることができます。

広島ブログ
by 3f-company | 2013-09-19 08:00 | 日々のできごと
<< 中秋の名月' 満月なり プリーツスカートのアイロン >>