また楽しからずや

あねです。

おお!草間彌生!


e0298709_134244.jpg


「永遠の永遠の永遠」展のポストカードで
学友から便りが届きました。


e0298709_12374.jpg


手に取り、しげしげと眺めていると
手書き文字の底知れぬ力とでも言いましょうか
ハガキそのものが、本人に思えてきて、

いやいや、遠いところをわざわざ
ありがとうございます。
ささ、こちらにおかけになって。
お茶でも入れますのでしばしお待ちを。

などと口走ってしまいそうになります。
「朋(とも)あり遠方より来る」
わが心境、まさにこのとおり。

ちなみに、辞典を引くと"朋"も"友"も
「とも。ともだち」で同じ意味。
"朋"にはそれに加えて「師を同じくする学友」
さらに「たから」という意味もあるようです。
(角川 漢和中辞典より)

さてさて、講釈はこのくらいで。
遅まきながら、こちらからも
手みやげを携えて
"訪ねて行く"ことにしましょうか。


e0298709_10125262.jpg


福田平八郎『鮎』(1950)
******
by 3f-company | 2014-06-24 08:00 | 日々のできごと
<< ヘアゴム 左利き用ハサミ >>