「ISD講演会 in広島」@市民交流プラザ

ーむかし、流行ったよね〜

今も健在なんですよ〜



e0298709_0513617.jpg


「服部磨早人の「ISD講演会 in広島」」
(2016.3.7)

コミュニケーションスキルを高めるぞ!と鼻息も荒く、講演会に参加してきました。"ISD(個性心理学)"という名称には馴染みがないと思いますが、一世を風靡した いわゆる"元祖動物占い"のこと。

占いと言っても当たるとか当たらないとかではなく、生年月日にもとづくデータ分析の本質は分類・統計学の一種。おおむねそのような傾向が見られる、という使い方が賢い活用法かと。自分と他人は考え方や感じ方が違うのだという当たり前のことを認識しているだけで、職場や家庭でのコミュニケーションがスムーズに行くものです。

さて、今回の講演会では、こじか、黒ひょう、たぬき、ひつじ・・・の12分類を


e0298709_052244.jpg



"MOON"、"EARTH"、"SUN"の大きく3つに分類したバージョンでの解説でした。


e0298709_0524225.jpg



"MOON"グループの人は"みんなと仲良く"がモットーでムダなものにNOと言えないタイプ。
"EARTH"グループの人は"自分のペースで頑張りたい"タイプで、ムダが何より嫌い。
"SUN"グループの人は"いつも元気で輝きたい"タイプで、ブランド・権威が何より大事。

これらの分類による分析をふまえて、一般企業の営業や医療現場などで実際に活用されている事例が紹介され

「自分がして(されて)嬉しいことが、他の人にとって嬉しいこととは限らない」

という目からウロコのお話ばかり。

とりわけ、某 都銀がDMを発送する際に、3つのグループごとに内容も封筒までもデザインをまるきり変えて、別々に発送した事例に至っては、そこまでの効果があるとは!と大いに驚かされました。私も仕事を始めた頃に嬉しげにDMを作って配り歩いたものですが、自分仕様に作っても人の心には刺さらないのだと改めて認識、大いに反省する機会にもなりました。

あね
****************
by 3f-company | 2016-03-09 06:00 | 日々のできごと
<< 防災用ヘルメット 乾電池の整理 >>