オラクルカードお試し体験

「それ乗った!私もひと口!」

オラクルカードのリーディングという特技を活かし、その収益の全額を熊本震災の支援金として寄付するつもり、という友人の活動に大いに賛同。ひと口1,000円。
ささやかに協力させてもらいました。
(期間限定、すでに終了)

オラクルカードとは、平たく言えばおみくじのようなもの。40〜50枚程度のカードにそれぞれ抽象的なメッセージが託されています。

そのメッセージを手がかりに、状況に応じて的確なアドバイスをしたり、気づきを引き出すのがリーディングという役どころ。観察力と直感力、そしてなによりセンスが問われるものと察します。

さて、カードの種類はいろいろ。天使シリーズや妖精などがあり、私が選んだのは"日本の神様シリーズ"。その中から引いたカードはこちら


e0298709_0511333.jpg



左から順番に、天宇受売命(あめのうずめのみこと)、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、宗像三女神(むなかたのさんじょしん)

日本の神様と言ってもなじみがあるのは近所の神社、という浅い認識が悔やまれます。
今回は、お試しとは言え なかなか興味深い体験をさせてもらいました。

つづく。

あね
****************
by 3f-company | 2016-05-24 06:00 | 日々のできごと
<< ボールペンの蓋と消しゴム 龍の夢 PASTA >>