カテゴリ:美容・健康( 86 )

耳ひっぱりで自律神経を整える

長女の受験シーズン突入前に、"耳ひっぱり"伝授をMさんにお願いしました。

e0298709_19453879.jpg
以前より興味を持っていた(正確には、長女が耳をひっぱる様子を見て、かなり怪しいと思っていた)友達も来てくれて、楽しい会になりました。

集中力と落ち着きと、閃きが大事な入試。

e0298709_19541454.jpg
著・監修 飯島 敬一 (スリムビズアカデミー校長)

"耳ひっぱり"で、乗り切ろう!

elly

by 3f-company | 2017-10-23 06:00 | 美容・健康

「毒出しうがい」歯学博士 照山 裕子著

うがいって、どうやるのが正解なの?
と思っていた矢先に、良い本を見付けました。
e0298709_10014694.jpg
手順は簡単。
下を向かず、前を向いて姿勢よく。
e0298709_10020706.jpg
水の量は多すぎず、少なすぎず。
e0298709_10023454.jpg
上、下、右、左。
各10回、強く早くぶつけます。

けっこう激しく、じんわり頬が痛いくらいです。

"1日3回、食後の「毒出しうがい」をするだけで、きれいな歯と健康が手に入る!"

忘れず、習慣になるまで頑張ろうと思います。

さて、シナリー化粧品からついに、発売されました。
e0298709_10050098.jpg
エコル オーラルケアフレッシュ(洗口液)
500ml 2000円+消費税

脱石油100%

植物の力を借りて、口内環境を整えよう!

elly

by 3f-company | 2017-10-01 06:00 | 美容・健康

のび~る FITNESS どすこい!

ストレッチも道具を使うとやり易い。



e0298709_20563684.jpg



1,058円。ハンズにて

とりあえず、"どすこい!"と、やってみましょう。



e0298709_20564621.jpg



お金をかけずに、
インナーマッスル強化中!

elly
****************
by 3f-company | 2017-08-30 06:00 | 美容・健康

「腸がよろこぶ料理」たなかれいこ著

"内臓のなかでも腸は特に冷えがニガテ"。



e0298709_20261781.jpg




冷たいものがお腹に入ると、からだは体温を上げようと、エネルギーを使う。

その結果、疲れやすくなる。

夏でも冷たいものを食べ過ぎないように、と言われる所以に納得です。



e0298709_20263271.jpg




免疫力を発揮できるのは、腸内の善玉菌の活躍によるもので、好きな温度は37℃程。

反対に悪玉菌が好きな温度は35℃程。

悪玉菌が優勢になると、有害ガスのアンモニアなどが発生し、血液に乗って全身に運ばれ、健康を害する。

低温の他に、食品添加物/農薬、砂糖、抗生物質に小麦と、

腸を落ち着かせるための基本はまだまだ続きますが、、、

とりあえず、冷たいものを食したら、その後はお湯を飲もう と思ったのでした。

elly
****************
by 3f-company | 2017-08-20 06:00 | 美容・健康

50度洗いを実践中。

夏は冷蔵庫を開ける頻度が非常に高い。

子供たちよ!涼むために、意味もなく開けるのはやめてくれ。

自衛として50度洗い!
食材の痛みが違います。

先日、雑誌で久しぶりに50℃洗いを目にして、効果を復習しました。



e0298709_13222673.jpg



veggy vol.51
平山 一政先生 より。

50℃のお湯で洗うことで、

表面に付着した汚れや酸化物質を洗い流し、食材を腐らせる菌の繁殖を抑制する。

さらに、50℃のお湯に漬けることで、

食材に含まれる酵素の働きを活性化し、美味しくなる。



e0298709_13223747.jpg



私が50度洗いを知ったのは、4年前。


過去ブログ"50℃洗い"(2013.7.20)

50℃の感覚は温度計を使わなくても、もうバッチリよ。

トンカツ用の肉とか、魚介類は必ずやっていたけど、野菜は面倒で、、、やってなかった。

買ってきて、冷蔵庫へ入れるまでが、勝負だな。

elly
****************

**お知らせ***
下記の期間は、季節のお休みとさせていただきます。
ブログお盆休み:8月12日(土)〜8月15日(火)
3f-company
****************
by 3f-company | 2017-08-10 06:00 | 美容・健康

シナモンで若い肌

"シナモンが若い肌を保つ"と、読んだので、久しぶりにシナモンパンを作りました。



e0298709_2026441.jpg




"人は血管とともに老いる"

つまり、加齢とともに毛細血管が減少し、肌に悪影響を及ぼす。



e0298709_20261656.jpg




毛細血管の消滅を防ぐには、内皮細胞の「Tie2(タイツー)」という分子を活性化させ、壁細胞と内皮細胞をしっかり接着されること。

シナモンがその働きを助けることが分かったらしい。

大阪大学微生物病研究所教授 高倉 信幸氏
文藝春秋より

毎日大量に摂る必要はなく、週2回程度、シナモンを使った食べ物や飲み物で。

シナモンって、このぐるぐるパンでしか登場しないけど、なんか他にないかな~。

elly
****************
by 3f-company | 2017-08-04 06:00 | 美容・健康

「SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術」ショーン・スティーブンソン著

眠りに関することは全て網羅されています。



e0298709_2330456.jpg



睡眠を制すれば、人生を制する。



e0298709_23305355.jpg




睡眠に特化していますが、実は最高の"健康"本です。

運動、加工食品、糖質、睡眠不足と肥満の関係、携帯電話を含む電磁界の害、
マットレスに含まれる有害成分の害、、、など。

時々 読み返して、生活を律する必要ありだね。

簡単なのは、ツボ押し。



e0298709_2331289.jpg



そして、出来るだけさっさと寝る。

elly
****************
by 3f-company | 2017-07-17 06:00 | 美容・健康

「女の運命は髪で変わる」佐藤友美

去年の秋から順番待ち。
図書館の予約に しびれを切らして購入。
早く買って読めばよかった!



e0298709_18515980.jpg



「女の運命は髪で変わる」佐藤友美
サンマーク出版(2016)

髪に関するあれこれ。
今までだれも教えてくれなかった情報が盛りだくさん。



e0298709_18521957.jpg



特に衝撃的だったのは、これ。

"トリートメントの効果を2倍にする"



e0298709_1852495.jpg



"つける前に、一度水分をふきとること"

思いつきもしなかった発想です!

あね
****************
by 3f-company | 2017-07-14 06:00 | 美容・健康

目の下のクマ対策

毎週土曜にある 日経新聞 NIKKEIプラス1 の'なやみのとびら'の記事をとても楽しみにしています。

作家 石田衣良 氏、脚本家 大石 静 氏、中園 ミホ 氏、著述家 湯山 玲子氏、女優 ミムラ 氏が順番に回答者となり読者の悩みに答えます。

どなたの回答も洞察力に優れ、ズバリと本質に迫ります。

(過去のものは全部見ること出来ます)


今回は女優 ミムラさん。
「30代になってから疲れがとれにくくなり、しっかり寝ても、いつも目の下にクマがあります。・・・」



e0298709_9282170.jpg



(2017.7.1)

さすが女優さんの回答です!

目の下のクマ対策は、
深呼吸とヘッドマッサージ。

酸素不足で目の下にクマが出来るとは!?

そして、ヘアバンドやほおづえをつく癖、目や肩首の疲労から頭蓋骨の変形が起こり、それが目の下のクマの原因になっている。

いやはや、驚き。

やっぱり、美容と健康はセットなんだなぁ。

elly
****************

広島ブログ
by 3f-company | 2017-07-03 06:00 | 美容・健康

ツボ押しにソフトボール

私はソフトボールを愛用しています。



e0298709_1956241.jpg



息子のを借用。

テニスボールよりやや大きく、固いです。

寝る前に、斜め仰向けでお尻の横の骨の間に挟んで、重心をかけながら、少しづつボールをズラしていきます。

このツボ押し、かなり効きます。

他には、足裏でコロコロ転がしたり、体重を乗っけて、ツボ押しにしたり。

ストレッチしながら行うと、なお効きます。

elly
****************

広島ブログ
by 3f-company | 2017-06-20 06:00 | 美容・健康