広島市に住む姉妹が毎朝6時に交代で更新中。
by 3f-company
about us, F姉妹
elly(妹): 開運掃除&時短家事。目下の目標は、流れるように家事を回す!パート勤務も3年目突入。シナリー化粧品 アドバイザーとしてもお陰様で充実活動中。高3娘、中1息子と娘で 5人家族。

あね(姉):なりわいは建築施工・監理。HPは持たず、広告宣伝一切なし。住まう家に惜しみない愛情を注ぐお客さんのパートナーとして、日々仕事にまい進中。趣味は建築探訪。言葉は通じずとも、39度の熱があろうとも、目当ての建築があるならば、地の果てまでも参ります。
記事ランキング
カテゴリ
美容・健康
シナリー化粧品
建築
施工監理 小ばなし
整理・収納・住まい
色彩いろいろ
ホームメイドパン。時にケーキ
マンガ
映画
読書
おでかけブログ(広島圏外)
お散歩ブログ(広島圏内)
広島アートシーン
名勝 縮景園
日用品・文房具
無印良品
ミドリ メッシュペンポーチ
食卓・おやつ・お弁当
イートアウト
シャルレ
季節の行事
日々のできごと
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月


<   2013年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

悪いくせ

歯ブラシをくわえたまま、ウロウロする癖があります。
どういうわけか、歯磨きに集中出来ず、
洗面所を離れてしまうのです。

結局、磨いたのか、くわえただけだったのか、
よく分からない毎日です。

そこで、この"竹踏みさん"を活用することにしました。


e0298709_20481582.jpg


『部屋にあるモノたちには
 能力を100%発揮してもらうように心がけています』

(2013.2.21ブログ)

と、あねちゃん。
私、この竹踏みさんの活用は10%くらいかな~。
ずいぶん昔に買ったけど、あるだけで満足してしまったもの。
そこで、歯ブラシの間は"竹踏みさん"の時間に決めました。

歯磨きタイムにじっとこ 鏡の前で、
歯ブラシと竹踏みに集中します。

効きます!効きます!痛いです…。

広島ブログ
by 3f-company | 2013-02-28 08:00 | 美容・健康

オイルサーディン丼

あねです。
お昼当番のわたくし、
いつもは両親好みのメニューで3人分作ります。

家の人たちが思い思いに出かけ、
ひとりぼっちのお昼どき。
ここぞとばかり、ささっと簡単に
自分の食べたいものを作ります。

缶詰のオイルサーディン、カルディで198円。


e0298709_2165592.jpg


 ”缶詰には防腐剤が入っていないので、
  安心安全な食品なのです!”

加熱処理のち、即、密封。
食べる直前にしか開けないから
防腐剤の必要はないわけです。

至極当たり前で、何をいまさら 的な感じ。
だけど、この話を聞いてから、
家にコロコロしている缶詰を
よく使うようになりました。

使えば使うほど、
常に新しいものがストックされていることになり、
いざというときの非常食として、さらに安心です。

さて、話をもとに戻して・・・

フライパンで温めて、醤油をジュワっと回し入れ
ネギを散らしたご飯にのせて出来上がり。
(ご飯はあらかじめバターで炒めておくと なおよし)


e0298709_2165822.jpg


辛口の白ワインに良く合います。
ですが、
午後から仕事にならないので、今日は断念。

広島ブログ
by 3f-company | 2013-02-27 08:00 | 食卓・おやつ・お弁当

黒糖 しょうがパウダー入り 食パン

調味料の棚の奥から出て来ました。
"黒糖 しょうがぱうだー"


e0298709_1723560.jpg


おっと!とっくに賞味期限は切れてます。
捨てるのはもったいないので、いつものようにパンこね機行き。
でも、これ、パンに使うのは初めてです。
けっこう使ってるけど、今まで何に使っていたんだろう?

と、記憶が一気に蘇ってきました!!


「しもやけが出来た」(2013.1.16ブログ)

の時に「擦ったしょうがを紅茶に入れて飲んだ」
とブログに書いたら、
その後、あねちゃんがわざわざ、
「体温を上げるためには
『乾燥のしょうがを食さなければならない』らしいよ。」
と、知らせてくれました。

その時は「あ~、それ、なんか聞いたことがあるね~」

だったけど、聞いたことがあるどころか、
その事実に当時いたく感動して、
黒糖しょうがパウダーを買うわ、
野菜乾燥ネットは買うわ、
生姜力の本を借りるわ、
盛り上がったんだったわ。

私ったら、なんて忘れっぽいのでしょう。

野菜乾燥ネットなんて、しまい込んでしまって、
まだ一度も使ったことなし…です。

さらに、当時 毎朝、りんごと人参を擦って、
この黒糖しょうがパウダーを入れて、
お湯で溶いて飲んでいたんだったわ。

りんごと人参、、、
いや~、これなんだったんかな~?
どうしても効果が思い出せないなぁ。

モヤモヤしてる間に、
黒糖のコクのある ふあっと食パンの出来上がり~。


e0298709_1723825.jpg


《レシピ》
強力粉  400g
黒糖しょうがパウダー  30g
塩  8g
ドライイースト  8g
バター  20g
水  280cc
180度のオーブンで30分

広島ブログ
by 3f-company | 2013-02-26 08:00 | ホームメイドパン。時にケーキ

新聞紙が新聞になるとき

あねです。
新聞片手に通勤電車に揺られ、
そんな日々も遠い昔。
日経新聞の購読をやめてから、
かれこれ3年になります。

どのみち毎日読めないし、
まとめて読むのだったら、
えりーの家でいらなくなった新聞をもらえばいい!
と、半ば強引に交渉成立。


e0298709_1704365.jpg


時々、読み終わった日経が
まとめてどどーっとやってきます。
でも、なかなかこの山を崩すのは難しく、
読み終わらないうちに次の新聞がどどーっと。
たまりにたまりあげた資源ゴミの前日に、
半ば徹夜状態で読み切ります。

修行なのか、はたまた苦行なのか。
「しばらく新聞、読みたくない・・・
 いっそ、もう読まずにゴミに出してしまおうか・・・」
こんな心境。

ところが、えりーは最近、
新聞をこまめに読む習慣が軌道に乗ったようで、

(参照:2013年1月25日「新聞か?新聞紙か?」)

2、3日ごとに届けてくれるようになりました。

少しずつ読めると、記事が格段に楽しく感じられます。
今、注目しているのは「迫真」という連載記事、
京セラの創業者 稲盛和夫(いなもり かずお)氏による
日航再建の道のりを取り上げています。



e0298709_1703933.jpg


『誰の金だと思っている』

公的資金を注入された日航の社員の間にも、
誰かが助けてくれるだろう的な甘えが漂います。
さすが ”ザ・経営者”、言葉に迫力あり。
さてさて次は、


e0298709_170304.jpg


『これが経営か』

稲盛さんが膨大な資料の中からでも、
おかしな数字を見つけ出して指摘できるのはなぜなのか、
パイロット歴を持つ役員のコメントです。

緊張感がある経営現場の様子が伝わってきます。
大企業でもこれだけのスピードとパワーがあるのだから
小企業も負けてはいられないという気持ちが湧いてきます。
大きな刺激を受けるられるという意味でも
旬な情報源として大事にしたいものです。

ある場所で新聞が新聞紙となり、
別の場所でふたたび新聞になる。
リサイクル?いやいや、
いま流行りの”アップサイクル”の究極の形かも。

あれ、よく見ると「迫真1」の次が「迫真4」?
2日分飛んでたわ!


e0298709_1704186.jpg


えりー!19、20日の新聞、はやく読ませて~。

 「迫真 業を起こす 日航・稲盛和夫」は
  日経新聞で2013年2月18日から23日まで連載。

広島ブログ
by 3f-company | 2013-02-25 08:00 | 日々のできごと

お掃除の本

家の片付けのモチベーションをさらに上げようと、
手に取った本はこちら。


e0298709_1639319.jpg


可愛いイラスト入りで、分かりやすいことばで、
有り難い教えを説いてくれます。

可愛い本なのに、ぐさりぐさり来ます。

『「面倒だし、なるべくならやりたくないから、
何かのついでにささっと終わらせてしまおう。」
掃除とはそういうものではありません。』

あらら~。

『掃除とは、汚れるからするのではなく、
こころを磨く「修行」なのです。』

うお~。

『ひとつの手間を省くことは、もうひとつ、ふたつと増長する、
こころのゆるみにつながります。』

身が引き締まります。
しかし、モチベーションは下がる一方。
こりゃ、レベルが高すぎた。

そんな私を慰めてくれたのは、こちら。


e0298709_16392927.jpg


やる気を生み出す「脳」の仕組みを分かりやすく、
可愛いイラストで説明してくれます。

「最初の目標は小さくする」
ごもっとも。

広島ブログ
by 3f-company | 2013-02-24 08:00 | 整理・収納・住まい

続・名勝 縮景園

あねです。
広島市内で地図を手にした外国人に
「ジャパニーズガーデン?」と聞かれたら
ほぼ100% ” 縮景園(しゅっけいえん)”のことです。
「ごー すとれいと あんど なんとか」と教えてあげます。


e0298709_2152389.jpg


梅の開花の話をしたあとで、
「”縮景園”って何なの?公園なの?」
という声がちらほら。
行ったことがなければイメージもできず、
よくわからないのはごもっとも。

”縮景園”とは、その名のとおり
自然の景色を ぎゅぎゅっと濃縮した日本庭園。
江戸時代、広島城に入った浅野の殿様が
茶人 上田宗箇(うえだ そうこ)に作らせたもので、
寄付を経て、現在は広島県の管轄です。

自然の景色としては、基本アイテムの
山、海、川があり、滝もあり。橋があり。
里の風景として、田んぼ、茶畑、薬草園もあります。

加えて、季節ごとの花も植えられていて、
よくNHKのニュースで
「縮景園の梅が三分咲き。春も近いですね♪」
という使われかたをします。(桜、アジサイ、紅葉も同様)

敷地面積約4万㎡、
ぶらぶらっと散策するにはほどよい広さ。
1時間ほどでぐるりと一周できます。

入場料250円で、
門番(ガードマンだけど)もいて安心だし、
いつ行っても掃除が行き届いているし、
季節を感じられるように、花もちゃんと咲かせてくれるし、
わたくしのように庭を持たない街の住人にとっては、
たいへんありがたい自然環境です。

”カー シェアリング”ならぬ”ガーデン シェアリング”
これからは個人が所有を競い合うのではなく
こんなふうに皆で豊かさをシェアするという方向が
望ましい形なのかな、と思ったりしています。

さて、これは2年前の梅林の様子。
みごとな開花に、みごとな青空。
これだから”縮景園”通い、やめられません〜。


e0298709_21524140.jpg


広島ブログ
by 3f-company | 2013-02-23 08:00 | 名勝 縮景園

ごぼう茶

ついに、ごぼう茶を買いました。 


e0298709_20285718.jpg


勝手に美味しくなさそう~と、決めつけていたけれど、
お友達んちで頂いたごぼう茶は、ごぼうの良い香りと甘みで、
意外や意外、とても美味しいお茶でした。

若返りで有名な 南雲 吉則 先生が推奨して、
とても有名になったごぼう茶。


e0298709_202963.jpg


「アンチエイジング」や「健康」は興味しんしん。
でも、ごぼう茶を飲んだこともなかったし、
本はたくさん読んだけど、
この若返り方を実践しなかった私。

まず、空腹でグーッとお腹がなるのは若返りのサイン、、、
とあるけど、、、私ったら、
空腹を我慢なんて全然出来ない。
10時には寝て、朝日とともに起きるなんて、至難の技。
歩いて若返り、、、
そもそも、ウォーキングをしたこともなければ、する気もなし。
他にも無理なことがたーくさん。

その先生のオススメなので、ごぼう茶も無理って、思っていたけど、
ごぼう茶はいけた!
とても気に入ったので、これからも買うだろうなぁと思います。

あ~、これを飲むだけで、若返ったら、苦労しないのになぁ。

広島ブログ
by 3f-company | 2013-02-22 08:00 | 食卓・おやつ・お弁当

”本当”の使い方

あねです。
持ち物はかぎりなくゼロが理想 とはいっても、
現実にはむずかしいものです。
そこで、部屋にあるモノたちには
能力を100%発揮してもらうように心がけています。


e0298709_21222528.jpg


こちら、かれこれ10年は使用しているオイルヒーター。
輻射熱を利用する暖房器具です。
実は・・・
つい3日前まで”本当の”使い方を知りませんでした。


e0298709_21222847.jpg


左に付いている”サーモスタット”のダイヤル。
説明書を読む習慣がないわたくし、
何のことやらよくわからず、見て見ぬふり。
右にある電源スイッチ”強 - 中 - 弱 - OFF ”で
寒い季節を乗り切っていました。

この白い物体、けっこう場所は取るし、
その良さが全然わからず、
ついに大型ゴミか?と思われたところで、
能力を活かしきれていないのは持ち主の責任。
ついに、とうとう。思い腰を上げて調べてみました。

”サーモスタット”の使い方(ググって、自分なりに要約)
 まず、”強”の状態で部屋をあたためます。


e0298709_21223032.jpg


 これぐらいでいいかな?という温かさになった時点で、
 ダイヤルを少しずつ弱の方向に回していきます。
 オレンジのランプが消えたところで、回す手をストップ。


e0298709_21223223.jpg


 いまの状態が快適な室温として設定されます。
 あとは自動的に電源が入ったり切れたりしながら
 その温かさがキープされます。

なるほど。
デジタルな温度設定ではなく、
体感温度の概念を持ち合わせている機械だったとは。
 「このぐらいの湯加減でよろしく〜」
 「了解! じゃ、あとはまかせて〜」
オイルヒーターと、こんな会話が必要だったんですね。
なんてアナログ的で、人間的。親しみがわきます。

聞きしに勝る”電気食い虫”だけど、
寒い夜はひと晩付けっ放しにしていても
火を使わないので、安全。
風が出てこないので、静か。

この”本当”の”正しい”使い方の発見により、
今まで以上に活躍してくれそうな予感。

でも、もう冬はそろそろ終わりの頃。
誰か もっと早く使い方教えて欲しかったわ〜。
って言うより「10年使ってて、いままで知らなかったの?」
ですか?

   サーモスタット(thermostat)
   :自動的に所要の温度に調整する装置(研究社 英和辞典より)

広島ブログ
by 3f-company | 2013-02-21 08:00 | 日用品・文房具

 冬のパン作り

寒い時期はパン作りに最適です。
発酵が進まないので、ほったらかしでOKだからです。

この日のパンはバターロール。
子どもたちのおやつにと、昼にパンこね機にセット。

しかし、その後 出掛けたり、バタバタと、あれやこれや…。
すっかり忘れて、そのまま夕食作りに突入。

《通常、1次発酵は、28度前後で30分》

気温が高い夏は、生地はあっと言う間に、どんどこ膨らみます。

寒い冬は、急いでなければ、常温で時間をかけて、
ゆっくり生地が膨らむのを待ちます。

私の場合「待つ」というより、生地が待ちぼうけ~。

ようやく、分割したのは、夕食の片付けのあと。

《通常、ベンチタイムは10分》

それが、お風呂に入ってしまったり、あれやこれや。

何とか成形の工程が終了したのは、寝る直前。
2次発酵を待って、焼き上げる気力なし。
「良い子に待っててね」と、就寝。

《通常、2次発酵は、39度前後で30分》

朝一番、オーブン セット!

焼き上がったのは、スタートから 20時間後。

いくら寒くて発酵が進まないとはいえ、今回はちょっとひどい…。
"過発酵" 気味。ちょっとイースト臭がします。

でも、朝に焼き立てパンは珍しいので、子どもたちは、うわぁ~と歓声。

「結果オーライ」とはこのことだな。


e0298709_2113693.jpg


《バターロールのレシピ》
強力粉  400g
砂糖  60g
バター  50g
塩  8g
ドライイースト  8g
卵  1個
(最後に、少し照りを出すために、生地に塗るものを少し残しておく)
水    卵を含めて280ccにする

180度のオーブンで10分焼く
by 3f-company | 2013-02-20 08:00 | ホームメイドパン。時にケーキ

梅の開花@名勝 縮景園

あねです。
前週の日曜日が、恒例の「梅見茶会」だったので
そろそろ梅がきれいに咲いている頃かも。
今年は、園内の茶店にも寄って
花のよい香りとともに”甘酒”でもいただきましょう。

そんな楽しい想像をしつつ、心うきうき、
名勝 縮景園にいそいそ出かけました。


e0298709_1440599.jpg


NHKニュース風に撮影、しかし。。。


e0298709_144119.jpg
(2013.2.17撮影)

あらあら、これはちょっとしたフライング。
梅林に花の色がありません。

目を転じて受付でもらったリーフレットをみると、
表紙に「SHUKKEIEN」と印字があります。


e0298709_1441475.jpg


縮景園は「しゅっけいえん」と読むようです。
(小さい「っ」は破裂音なので表記されないとのこと。)

ちなみにわたくし、幼少時からずっと「しゅっけえん」と呼び慣れ、
漢字変換のときには「しゅくけいえん」と使い分けていました。

今回は新たな発見を土産に、ひとまず撤収。
”甘酒”は、また来週。

いや。もとい。
”梅”は、また次週のお楽しみ♪
by 3f-company | 2013-02-19 08:00 | 名勝 縮景園