<   2013年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

こだわりボールペン

ある懇親会で前の席の方のボールペンをちょっと拝借。

とても書きやすかったので、その感想を述べると、
嬉しそうに、そのこだわりボールペンの談議が始まりました。

性別は男性。
年齢はおそらく40代後半。

その1000円のボールペンのことが、引っかかりながら、
一年経過。

先日、同じ懇親会で、この方に再会。
「ボールペンのお話、覚えてます」と申し上げると、
色違いのボールペンを二本、見せて下さいました。

すると、お隣の30代の男性も同じボールペン!

景品のボールペンを使ったり、
とりあえず 100均で買うのは、もうやめよう と
固く誓ったのでした。


e0298709_21121052.jpg


三菱鉛筆  ジェットストリーム 4&1
(ボールペン0.7mm 黒、赤、青、緑、シャープペンシル)

中区宝町 フジ 内の広電文具
特価  ¥880で、ラッキー。

宣伝文句は「クセになる、なめらかな書き味」。

その通りで、字もうまくなったような錯覚を覚えます。

替芯も買いました。


e0298709_2112849.jpg


重量感がちょっとシゴト気分を盛り上げます。

elly

広島ブログ
by 3f-company | 2013-06-30 08:00 | 日用品・文房具

夏越し祭り

水無月の
夏越しのはらいする人は
ちとせの命のぶというなり

6月30日は夏越し祭り。
前日からすでに「茅の輪くぐり」が
用意されている神社が多いと思います。


e0298709_16235654.jpg
京都 平安神宮
2009年撮影


右まわり、左まわり、もういちど右まわり
輪の中を八の字に、ぐるぐるぐるとまわります。

これで上半期のお祓いが完了です。
今年もあと半年、頑張るぞ〜!


e0298709_1146742.jpg


あね

広島ブログ
by 3f-company | 2013-06-29 08:00 | 日々のできごと

ひまわり

うちの庭で、種からひまわりを咲かせたことがないのです。

いつも失敗。
虫に食われるのか、土地に合わないのか。

この数年は 'ひまわりとはご縁なし' と、
すっかりあきらめておりました。

が、先日、ひまわりのプレゼント!


e0298709_1943999.jpg


最初は切り花かと思っていたら、苗だったので大喜び。
早速、お庭へ。



e0298709_1943538.jpg


大きくな~れ!
elly

広島ブログ
by 3f-company | 2013-06-28 08:00 | 日々のできごと

本日のおやつ

おやつ、それは
ひそやかな自分だけの楽しみ。

仕事場における、よいおやつの条件
1。ひと口サイズ
2。音がしない
3。におわない

周りの人に気づかれずに
こっそり食べられることがだいじです。
この日、カバンに忍ばせて行ったおやつはこちら。


e0298709_20223939.jpg


明治チョコレート マカダミアブロックスタイル
6粒入 128円

中のナッツは小さく砕いてあります。
よいおやつの条件、1〜3まですべてクリア。

さらに、細かいことを言えば、

4。食べたい瞬間に、ささっと取り出せること

取り出し口が立体的に作られていて、


e0298709_20223736.jpg


上から押すと、ペコッとへこみます。


e0298709_20223425.jpg



フラット(平面的)になったところで、
中のチョコが滑り出してくる、という仕掛け。


e0298709_20223210.jpg



これを考えた人、仕事場のおやつの心得を
よくご存知だわ。

あね

広島ブログ
by 3f-company | 2013-06-27 08:00 | 食卓・おやつ・お弁当

レーズンとピスタチオの食パン

食べ物には旬があります。
旬といっても、季節ではなく、自分の中の流行り廃り。


e0298709_201440100.jpg


'あとちょっと'のところで使い切らず、
残して、旬が去っていく。

'あとちょっと'をもったいつけて、
結局美味しい時期を逃すNO1.は おせんべい…。

いつも反省。

今回はピスタチオ。
まだ廃ってはない今、食パンに入れて使い切ります!

《レーズンとピスタチオの食パン》
強力粉  400g
塩  8g
砂糖  20g
バター 30g
ドライイースト  8g
レーズン 80g
ピスタチオ 80g
水  270cc

180度のオーブンで30分

ピスタチオとレーズン、食べ応え十分の食パンの出来上がり~。

elly

広島ブログ
by 3f-company | 2013-06-26 08:00 | ホームメイドパン。時にケーキ

映画「インポッシブル」@シネツイン新天地

あねです。
津波は怖いです。
ほんとうに、怖いです。

映画「インポッシブル」(2012年 スペイン)


e0298709_1195186.jpg


2004年にスマトラ島沖地震による
津波の惨事を取り上げた「災害映画」です。

リゾート地で休暇をすごす家族5人が
思いも寄らない津波に遭遇し、離ればなれになります。
そこから、家族が再会するまでの
災害後のサバイバルがリアルに描かれている作品です。

これはパニック映画ではなく、家族愛や隣人愛を描いた作品。
CGでいくらでもリアルにすることはできるのでしょうけど、
津波のシーンはあえてリアルに描かれていません。
想像して欲しいのは、津波が起きた「その後」だということ。

助けを求める人をふりはらう人間のエゴ、
クリーンなはずの病院は汚物が散乱、
周囲は戦場と化し、まさに天国から地獄。

そんな状況下でも、主人公の女性マリアは
家族を想い、人を思いやり、人を助けます。
怪我をしてわが身ぼろぼろになりながらも
神々しいことこの上ない、
「名(な)は体(たい)を表す」とは
まさにこのことです。

自然災害は防ぎようがなく、
どんな対策も万全ではありません。
それでも、なにかできることがあるとすれば、
日々、自分を振り返りながら過ごすことかもしれません。

津波は怖いです。
自分自身の人間性、本質が
その非常時にこそ、あらわれるものですから。
by 3f-company | 2013-06-25 08:00 | 映画

コーヒープリン

夏は つるん とした冷たいデザートが食べたいものです。
豆乳でコーヒープリンを作ってみました。


e0298709_20125247.jpg


《コーヒープリンのレシピ》12個
豆乳  400ml
牛乳  200ml
粉ゼラチン  10g
冷水  50ml
砂糖  60g
インスタントコーヒー  10g

1.最初に、粉ゼラチンは冷水でふやかして混ぜておく。
2.鍋に豆乳、牛乳、砂糖、インスタントコーヒーの粉を入れて、
 火にかける。
3.沸騰直前に火を止めて、1のゼラチンを入れて混ぜる。
4.鍋からボールに移す。
 もう一つ大きめボールに氷水を用意し、冷やす。
 氷はあっという間に、溶けるので、
 どんどん新しい氷を足して、混ぜながら冷やす。
5.小分けにし、冷蔵庫で冷やす。

ここまで、大量に作ると困る方は、半量で。

インスタントコーヒーを、ほとんど飲まないのですが、
頂き物が3本も溜まっておりました。


e0298709_20125077.jpg


次は何を作ろうかな~。

elly

広島ブログ
by 3f-company | 2013-06-24 08:00 | 食卓・おやつ・お弁当

野菜ジュース

あねです。
夏は冷蔵庫が一番の「お友達」。
特に、扉を開けてすぐの場所は
わが家、人気投票No.1の飲み物の定位置です。


e0298709_10305242.jpg



それが、ここ1週間ほど、なにやら
このジュースが大きい顔をして座っています。

緑の野菜 モロヘイヤ&フルーツミックス 伊藤園

 砂糖や食塩を使用せず、モロヘイヤやほうれん草などの
 葉野菜を主体に21種類の野菜と、4種類の果実をミックスして、
 飲みやすく仕上げています。(伊藤園 HPより)

「飲みやすく」と念押しされるところが、あやしい感じ。
「モロヘイヤ」の表示が、
すごく苦い野菜の味を想像してしまいます。

モロヘイヤは好きな野菜なのに、
ジュースになると急に敬遠してしまうとは、
人間の感覚とは不思議なものです。

すでに2本目が投入されている模様。
今後の参考のために、
意を決して飲んでみました。


e0298709_10304942.jpg


あれ?おいしい!
ぜんぜん苦くない!

見た目とちがう、さわやかな飲み口で、
ゴクゴクいけます。
夏は、この”ゴクゴク”飲めることが大事。

なるほど。
人もジュースも見た目じゃない。
1位になるには、それなりに理由があるのだなぁ。

広島ブログ
by 3f-company | 2013-06-23 08:00 | 食卓・おやつ・お弁当

5本指 ソックス

冬の間、愛用していた5本指ソックス。


e0298709_1810194.jpg


これを、2枚履きの下に履いて、
二足でローテーションしていましたが、
ついにどちらも穴があいてしまいました。

普通の靴下に戻ったら、なんだか物足りない。

五本指が独立している効果はあったのかしら?

手と同じように、足指が自由に動くことで、
身体全体の機能を促進する とか、
バランス感覚が良くなり、力強い動きを可能にする とか、
血行を促進して新陳代謝を良くなる とか、
さらに、脳へも刺激される とか、
色々言われているけど。

とりあえず、夏用に買ったのはこちら。


e0298709_18101770.jpg


そう言えば、、、
靴を脱いだら恥ずかしい とか、そういうこと、
とうの昔に思わなくなってるなぁ。

elly

広島ブログ
by 3f-company | 2013-06-22 08:00 | 日用品・文房具

映画「スライディング・ドア」@DVD

あねです。
本を読むとき、映画をみるとき、
心がけていることがあります。

 読書の目的は、
 読んで感心したり感動することではなく
 読んだ内容を自分で考え
 自分の行動に影響を与えること

 (出典不明)



e0298709_9584158.jpg


映画「スライディング・ドア」(1998年、イギリス、アメリカ)

会社をリストラされた傷心の主人公が、
家に帰ろうと向かった地下鉄の駅で、
タイミング悪く、鼻の先でドアが閉まり、
電車に乗り遅れてしまいました。
もしも、あの時、ドアが閉まらずに地下鉄に乗れていたら、
どういう人生が待っていたのでしょう?

2通りのストーリーが同時進行で展開される物語です。

身もふたもありませんが、もしも、という架空の話は、
この世に存在せずに、消滅してしまうのでした。

右を選んでも、左を選んでも結局
行き着く先はひとつだ、と考える運命論者にとっては、
もしかしたら、腑に落ちない結末かもしれません。

よからぬことがあると、
「あの時ああしていれば!」
「あの時のあれさえなければ!」
と思うことが多々ありましたが、
この映画を観てから、”今のこの状態”を受け入れられる
心の余裕ができてきた感じがします。

恋愛映画にもかかわらず、
自分の生き方に影響を与えた作品のひとつです。

さて、もうかなり以前の映画ですが、
主人公が過去の自分をふっきろうと、大変身します。
そのあか抜けかたは、いまでもお手本にしたいぐらい
ナイスなセンス。
当時、この髪型にしたくて、ビデオテープを
美容院に持っていこうとしたぐらいです。


e0298709_9583977.jpg


というより、主人公演じるグウィネス・パルトローがするから
ナイスなセンス、なのかも、と気づくのは
同じように髪を切ってもらってからでした。


広島ブログ
by 3f-company | 2013-06-21 08:00 | 映画