<   2013年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

秋の蚊

夏が終わったちょうど今頃、
厄介なのは、蚊。

洗濯物ものを取り込む時、
晩御飯の用意している時、
もう場所を問わずどこでも出現!
痒いのなんのって。

夏も もちろん嫌ですが、
夏はいくら刺されても、すぐ洗って対処すれば、
痒くなる前にあとかたも消えてしまいます。

ところが、なぜか、秋の蚊の方はそういうわけにはいけません。

ぶーんと飛んでくるのに、気づく間も無く、速攻刺されます。

なので、夏よりも近頃の方が、庭に出る前、寝る前、
厳重に'虫除け'を塗ってる私。

100%脱石油のシナリー化粧品 より
'エコルネイチャーガード'



e0298709_10324710.jpg


定価 2835円 200ml

虫除けにもなるし、虫刺されにも有効です。

スカッとパンチを利かすために、


e0298709_1032451.jpg


'エコルハンズクリーン'
2310円 300ml
これをミックスして塗ります。

蚊も必死なのは分かるが、
痒いのは勘弁なのだ。

elly

広島ブログ
by 3f-company | 2013-09-30 08:00 | 日々のできごと

メタボな自転車

あねです。
中学1年の時から自転車を愛用。
中高校時代「自転車女」と言われ、あれからもう何年?
いまでも同じように、広島の街を走りまわっています。

そんな愛用の自転車はこちら。


e0298709_17252427.jpg


いたって普通の街乗り用、またの名を"オバチャリ"
近所の自転車屋さんに
「基本的に、本体は壊れません。メンテナンス次第で、
半永久的に使えるものです」と言われ、そのお教えどおり、
こまめに部品を取り替えながら乗っています。

購入時に、サドルとスタンドを交換。


e0298709_17252345.jpg


本体はノーブランドなのに
サドルだけ見るとブリジストン製です。

その後は、チェーン、前カゴ、タイヤ、順次交換しています。


e0298709_17252172.jpg


先日は、気に入ったベルを見つけて交換。


e0298709_17252083.jpg


まだ3年目なのに、本体以外、ほぼすべて入れ替わりです。
こんなふうにして、前の自転車も文字通り本体が”ぶっ壊れる”まで
13年間乗りました。

メタボリックとは、もともと新陳代謝の意味。
人間の細胞は日々再生を繰り返していて、
場所によって時間差はあるものの、
2〜3ヶ月で前の状態とはまったく違う状態、
すっかり別人になっているというわけです。

脂肪がたまってお腹が出る"メタボ"は、
その代謝がうまくいかないことを意味しています。

人間の細胞も、そしてわが自転車も、新陳代謝によって日々更新、
"メタボ促進"で"メタボ予防"というわけです。
この調子であと10年は頑張るのだ、my自転車!

広島ブログ
by 3f-company | 2013-09-29 08:00 | 日用品・文房具

青汁 食パン

健康に良いイメージの粉末の青汁、
なんとなく買ってしまいました。


e0298709_22442064.jpg


残念ながら、誰も飲みません。
私も苦手。

仕方がないので、パンに入れましょう。


e0298709_22453061.jpg


《青汁食パン》
強力粉  400g
てんさい糖  20g
塩  8g
ドライイースト  8g
青汁の粉末(2.5g)  2パック
バター  20g
水  280cc

180度のオーブン  30分。

ほうれん草のパンみたいだね。
elly

広島ブログ
by 3f-company | 2013-09-28 08:00 | ホームメイドパン。時にケーキ

映画「人生はビギナーズ」@DVD

-真の自分を明らかにして
-家族や友人と新しい誠実な関係の構築を試みる こと
(”カミングアウト”とは by ウィキペディア)



e0298709_14481165.jpg



映画「人生はビギナーズ」
(2010年、アメリカ、原題「Beginners」)

仕事、恋人、親子関係、どれを取っても
自分の幸せのイメージができない主人公が
少しだけ過去のできごとである
父親の「死にゆくさま」を振り返りながら、
人生の"ビギナーズ(初心者)"として一歩踏み出す物語です。

作品全体を通して、スタイリッシュな雰囲気。
主人公の恋人を演じるメラニー・ロランの
真っ赤なワンピースにも目が行きます。
でも、うっとりばかりはしていられません。
年老いた父親の「カミングアウト」という
シビアでシリアスなテーマを扱っているのです。

ゲイである自分を認めた瞬間から、
憑き物が取れたように飄々と生活する父親。
ガンが進行し、余命いくばくもないと知りつつも、
自分の人生を取り戻したかのような爽やかな表情です。

対する38歳独身の主人公。
恋人と長続きしたためしがなく、
クライアントとの打合せも上の空で、
大きな仕事を逃してしまいます。
つねに眉間にシワ寄せ、
にっちもさっちもいかない袋小路状態です。

カミングアウト、この映画を観てからは
広い意味での自己開示のように感じました。
他者に対して自分の思いとか考えを"開く"ことで、
自分自身のことも、自分の幸せが何なのかも
分かってくるのではないかと思うのです。

受け入れられなかったらどうしよう、
変に思われたらどうしよう、
最悪、嫌われたらどうしよう、とか
自己開示は、時として強い恐怖をともなうもの。

でも、少しずつでも自分を偽ることなく、
他者と向き合い続けていれば、
このお父さんのように、ピカピカ輝いた顔で
最期のときを迎えられるものかもしれません。

さて、遅ればせながら、私もこの主人公と一緒に
人生の"ビギナーズ"として、一歩踏み出すとしますかね。


e0298709_1448958.jpg


あね

広島ブログ
by 3f-company | 2013-09-27 08:00 | 映画

シューズブラシ

かわいいシューズブラシを見付ました。


e0298709_14553188.jpg


小田億FINS本店 で、315円。
口が開いているので、


e0298709_14552990.jpg


お風呂場にセットok!

日用品がかわいいと家事もテンションが上がります。

でも、上靴を洗うのは、私ではなく、子どもたちだけどね。

elly

広島ブログ
by 3f-company | 2013-09-26 08:00 | 日用品・文房具

映画「大人は判ってくれない」@シネツイン新天地

あねです。
おとうさんも!おかあさんも!せんせいも!
ばか~~~っっ!
そんな子どものころの、心の叫びを思い出します。


e0298709_16134685.jpg


「大人は判ってくれない」(1959年、フランス)

・・・ヌーベルバーグ(*)を代表する監督のひとり、
フランソワ・ロラン・トリュフォー監督の作品

大人と子どもの間にある、どうにも埋められない溝を
子ども目線で あぶりだしています。
両親のいざこざが絶えない家庭に育つ12歳の主人公。
学校でも、先生から ののしられ、勉強どころではありません。
窃盗で捕まり、少年鑑別所に送られ、
最後は海に向かってひたすら走る、走る、走る・・・The end

子どもって、ほんとにたいへん。
はやく大人になりたかった気持ちが甦ってきます。
間違っても、子どもの頃に戻りたいなんて、
金輪際思わないぐらいの勢いで叩きのめされます。
さすが名作と呼ばれるだけあります。


e0298709_16134157.jpg


さて、閉館カウントダウンが始まった"シネツイン新天地"では、
ただいま、"フィルム映画の名作"と呼ばれる作品を順次紹介中です。
9月27日まではこの作品と、花嫁を奪取するラストシーンが超有名な
ダスティン・ホフマンの「卒業」が同時に上映されています。


e0298709_16134358.jpg


1本だと1000円、2本目が500円、つまり2本で1500円。
昔なつかしい"2本立て"のつもりで出かけると、
どっぷり昭和な気分です。

(*)ヌーベルバーグとは、1950年頃フランスで起こった
新しい映画製作の流れのこと。
建築デザインで言うところの、
アール・ヌーボーとかアール・デコに似ています。

広島ブログ
by 3f-company | 2013-09-25 08:00 | 映画

キリン'澄みきり'  by  Pen  No.338

あねちゃんが雑誌[ペン]を届けてくれました。
「ellyが好きだと思う」とaさんからだよ  と。
ららら〜ビンゴ♬です!


e0298709_22472029.jpg


初めて目にするこの雑誌。
魅力的な家具や雑貨がいっぱい。
何度見ても、見飽きません。

そして、この記事!!


e0298709_22471852.jpg


この夏、新発売だったキリン'澄みきり'について書かれています。

パッケージデザインのコンセプトは、KATANA(刀)。


e0298709_22471727.jpg


よく見ると、確かに「缶の素材感を活かしながら、絶妙なグラデーション」です!!

まさしく、「1日の締めくくりに自分がひとりで飲む」佇まいにふさわしく、
麒麟マークがしびれます。

味はリキュールには違いないけど、
何はともあれ、労働のあとの一杯はうまいね~。


参考ブログ(2013.8.11)


elly

広島ブログ
by 3f-company | 2013-09-24 08:00 | 日々のできごと

夜の縮景園

あねです。
行き慣れた場所でも、時間帯を変えると
新しい発見があるものです。


e0298709_22244172.jpg


今月19日、「観月茶会」の開催にあわせて
縮景園の開館時間が、通常の夕方6時から
夜9時まで延長されました。


e0298709_2224399.jpg


茶会に参加する人、"中秋の名月"を鑑賞する人、
大人のカメラ小僧、それぞれの目的を携え
まるで大晦日の神社さながらの混雑ぶりです。

縮景園は勝手知ったる"わが庭"状態ですが、
夜に訪れるのは初めてなので、
昼間と違う雰囲気にドキドキです。

入園してすぐ右手にある清風池も


e0298709_22243734.jpg


中央にあるメインの池、濯纓池(たくえいち)にかかる
跨虹橋(ここうきょう)も


e0298709_22243545.jpg


いつもは静まり返っている清風館も


e0298709_22243269.jpg


違う顔を見せてくれます。

広島の見どころは
昼間と夜の、2倍も楽しめるというわけですね。



e0298709_22412530.jpg



広島ブログ
by 3f-company | 2013-09-23 08:00 | 名勝 縮景園

豆苗の楽しみ

時々、豆苗を買います。


e0298709_23544776.jpg


もやしと炒めたり、油揚げと煮浸しにしたり。


e0298709_23544571.jpg


その後、カットしたものは、水につけておき、時々水替えします。

すると、ニョキニョキ~。


e0298709_23544397.jpg


一週間で、収穫!!

こういうのを'再生栽培'と言うそうです。


e0298709_23544079.jpg


日経新聞(2013.4.27)より。

なんだか、色々出来るのね♩と思って、


e0298709_23543672.jpg


大根にチャレンジ。

ところが、3日後に腐ってしまいました。
残念。

elly

広島ブログ
by 3f-company | 2013-09-22 08:00 | 日々のできごと

呼ばれても、無理なときもある

あねです。
趣味は映画鑑賞。なのに、
なんだか最近バタバタしていて、
観に行くタイミングを逃しているところです。

そんなときは、目に留まる あらゆるものから
お誘いの声がかかる気がします。


e0298709_075563.jpg
呼ばれてる?


行こう、行こうと思いながら
終わってしまった映画。


e0298709_052797.jpg
上映終了(*1)


行こう、行こうと思っていても
まだ出かけられない映画。


e0298709_052570.jpg
上映中(*2)



趣味とは「自分の生活に潤いを与えてくれるもの」なので、
時間が取れなくて、イライラしてしまうのは本末転倒!
観に行ける日を楽しみに、もう少し先の上映が予定されている
作品のチラシをながめます。


e0298709_05234.jpg
「大統領の料理人」
10月19日から
"シネツイン本通り"にて上映


これ、いろんな雑誌で紹介されていて、
広島でも公開されることを楽しみにしていました!
ウキウキ、ワクワク。
趣味(映画)は逃げたりしませんものね。

とは言え、いつも通りがかるサントリーの自動販売機が
つい先日"BOSS"仕様に模様替えされて、
宇宙人ジョーンズ、こと、
トミー・リー・ジョーンズの目が光ります。


e0298709_05372.jpg


ごめん、ジョーンズ!
DVDで会いましょう!

(*1)「終戦のエンペラー」、(*2)「31年目の夫婦げんか」ともに
ハリウッドスターのトミー・リー・ジョーンズが出演しています。

広島ブログ
by 3f-company | 2013-09-21 08:00 | 日々のできごと