<   2013年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 青春とは
 人生のひとときのことをいうのではない
 青春とは
 心の持ちようをいう
 (サムエル・ウルマン「青春」より)

あねです。
建築家 安藤忠雄の講演会があるよ!
という誘いにつられ、
母校の"ホームカミングデイ"に参加してきました。


e0298709_23393767.jpg


"ホームカミングデイ"とは、
卒業生同士が誘い合わせて母校に行くと、
久しぶりの顔に出会えるかもという
ゆる〜い同窓会みたいなものです。

当日は、学園祭の開催と重なっており、
学内は"現役の若者"と"かつて若者だった者"が
わいわいがやがや、押すな押すなの大混雑。


e0298709_23402745.jpg


さて、安藤忠雄氏は説明するまでもなく
もはや建築界の大御所。
建築界のノーベル賞と言われる
"プリツカー賞"を受賞した人です。


e0298709_23402454.jpg


建築家による講演会といえば、
正面に映し出された建物の写真を指し示し、
「ここがエントランスで、ここが展示室で・・・」
という自作の"大説明会"となるものです。

方や、安藤さんの講演会は
自作の説明などそっちのけ。
自分の今思っている事、感じていること、
そのために自分がどういう活動をしているか
そんなありのままの自分をさらけだす内容です。

作品の多くは、むき出しのコンクリートの塊なので、
建物の好き嫌いはあると思いますが、
言っていることと、行動にズレがない、
というのが、スポンサーである関西財界人の
心をつかんで離さない彼の魅力なのかもしれません。

100歳まで生きるとすれば、
まだまだ先は長い。
いつでも青春の心持ちで
ビジョンを持って人生を進むことが大事だ
というお話を聞きながら、
後輩たちに「まだまだ負けてられないぞ!」と
心に誓う、秋も深まる母校での一日となりました。

広島ブログ
週末の朝、子どもがお手軽に
ホットケーキを作れるように、
ミックスの粉を買っておきます。

が、たまには、一からも作ります。


e0298709_0365032.jpg


《米粉ホットケーキ》
薄力粉 100g
米粉 100g
砂糖 40g
ハチミツ 大さじ1
ベーキングパウダー 小さじ1
卵 3個
牛乳 100mlぐらい(卵の大きさの加減で微調整)

ぐるぐる混ぜて、フライパンで焼く

多すぎず、少な過ぎず、
柔らか過ぎず、また、甘過ぎず、、、

ホットケーキを一から作るとなると、
意外とハードル高し。

elly

広島ブログ
あねです。
以前、手を組み合わせた
この写真を掲載したところ、


e0298709_0153732.jpg



(参照:2013年10月1日「映画「セレステ アンド ジェシー」@サロンシネマ」)

-平和大通り沿いにある、あの慰霊碑のこと?
-あれって外国の建築家の作品だったの?
というお声をいただきました。

まぎらわしくて、たいへん失礼しました。
というわけで、今回、改めてご紹介。


e0298709_085098.jpg


「広島市医師会原爆殉職碑」
(1960年、作:河内義就、上野勇)
手を抽象化したデザインの慰霊碑、
公募で「祈りの手」と名付けられました。
もともとは、原爆の被災で犠牲となった
医師会の会員のために建立されたもの。

高さ12m、幅4.5mの圧倒的な存在感、
他の慰霊碑と比べて、不思議と建築的な作りです。
それもそのはず、この碑をデザインした
河内義就、上野勇の両氏は建築士でした。

手の形をしている理由は、
医師を敬って呼ぶときに"国手(こくしゅ)"
という言葉を使うからだそうです。


e0298709_084299.jpg


慰霊碑ひとつとってみても、
なかなか奥深いものがあります。

さて、さて、平和大通りは
年末恒例のライトアップイベントである
"ひろしまドリミネーション"が開催中。


e0298709_0103714.jpg


大勢の人でにぎわっています。
あたたかな光を楽しみつつ、
そこかしこに点在する慰霊碑に
ふと足をとめてみるのも、
広島ならではの散策になるかもしれませんね。


e0298709_0103471.jpg


こちらも、前日の丘陵公園同様に
あたたかくしてお出かけ下さい。

広島ブログ
中四国最大級のライトアップと言われる
備北丘陵公園のイルミネーションを見に行って来ました。


e0298709_231439.jpg


スターライトツリー。


e0298709_2314130.jpg


大海原の中のクジラ。


e0298709_23135911.jpg


雲海と白鳥。

11月30日からは、
花の広場エリアの点灯も始まるようです。

つまり、広いこの公園の真ん中部分のエリアの
イルミネーションはまだやってませんでした。

なので、今は、中入口エリアと
北入口エリアのみの両端エリアのみ。
およそ2キロあります。

片道はシャトルバス(無料)がオススメ。

さて、このイルミネーションへ行くきっかけとなったのは、
こちらを見たから。


e0298709_23135788.jpg


市民と市政。
新聞と一緒に月に二回、配達されます。
意外と役立ちます と、言ったら、
広島市の広報課に失礼ですな。

*2013.11.16(土)から2014.1.5(日)まで開催
点灯時間は、17:30~21:00(入園は20:00まで)

暖かくしてお出かけ下さい。

elly

広島ブログ
あねです。
遅ればせながら"スマホ"デビュー、
iPhoneに機種変更しました。


e0298709_1312152.jpg


7年間、働いてくれたモトローラーさん
とは、涙のお別れです。


e0298709_13115738.jpg


さて、私のもとにやってきたからには
100%以上、働いてもらうことになります。
何よりまず最初にとりかかったことは
名刺を1枚ずつ、カメラで取り込むこと。


e0298709_13115386.jpg


取り込んだ名刺は、グループに分類して、


e0298709_23371465.jpg


作業完了です。


e0298709_23371635.jpg


実は、人の名前と顔を一致させることが大の苦手。
先方さんから親しく話しかけられるも、
お名前を思い出せなくて、冷や汗かいたこと数知れず。

そのため、頂いた名刺は、
会合やグループごとに分類し、クリップで留め、
その場に出席する都度、持参していました。


e0298709_13114355.jpg


試験前に単語帳をめくるがごとく、
出かける道すがらの復習です。

それをデジタル仕様に替えただけですが、
荷物が減り、出先で ごそごそ名刺の束を
取り出さなくてもよくなりました。

無礼千万 はなはだ恐縮ですが、
日付と場所、会話の内容などの書き込みをしているので、
拡大すれば、その人を思い出す手がかりになります。


e0298709_13113980.jpg


この作業をしながら、思い浮かんだのは
映画「プラダを着た悪魔」のパーティー会場の場面。
ボスの耳元で、秘書である主人公が、
あれは誰それ、これは誰それ、と そっとささやくのです。
相手に知られずに、スマートに。

なるほど、スマートなフォーンは、
スマートなセクレテリー(秘書)。
私にしては、少々高い"お給料"を支払っています。
さあ、さあ、しっかり働いて下さいよ〜!

広島ブログ
衣替えのシーズンになると、
普段やり過ごすことが気になります。

今回は、パンツ用のハンガー。

普通のハンガーに2~3枚は重ねて掛けておりました。

しかも、夏も冬もいっしょくたに。

重ねているせいで、目当てのパンツを探すのに、
時間がかかったり、
きゅ~とパンツが片側に寄ってしまっていて、
シワになっていたり。

グリーンコープのカタログで見付けたので、
早速購入!


e0298709_23131091.jpg


思い切って、3個組を3つ。


e0298709_2313834.jpg


現役パンツを一枚づつ、ハンガーへ。
極太なので、折り目のシワの心配は無さそう。

極太のため、かなり横幅スペースを取ります。

そのため、夏物は奥へ。

とてもわかりやすくなりました。

そんなに服を持っているわけではないのに、
どれだけ、今まで、
着る前にこれじゃない!
これでもない! どこよ!?
を繰り返していたことか…

その理由は、


e0298709_231363.jpg


収納以前に、なんせ、色が黒とグレー、紺。

この冬は他の色も買ってみよっと。

elly

広島ブログ
あねです。
時計を買いました。
いままで部屋に時計がなかったのです。

適当なものは欲しくない性分、
かといって、これだ!と見つけたものに
決断を下すのも得意ではなく
ぐずぐず迷っておりました。

「それ、かわいいよ!もちろん"買い"でしょ」
ellyに背中を押されてようやく購入。

時計があると時間に振り回されるような
イメージがあったのですが、
朝は、支度の時間がよくわかり、
夜は、夜更かしの防止になります。

限りある時間を有効に使うためにも、
ある程度のコントロールは必要だということ。
ここまでありがたい存在とは、
いまさらながら、驚きです。

そう言えばellyの家では
どの部屋にも時計があります。
分刻みの忙しさの中でも、ちゃんと
ブログを更新できる秘訣のようです。


e0298709_21595349.jpg


おっと!出かける時間になりました。
わたくし、これにて失礼。

広島ブログ
今年は寒くなる前に、こたつを新調しました。


e0298709_23431970.jpg


使っていたものを大型ゴミで捨て、入れ替わりに、
新しいこたつが配送されるよう注文しました。

古いこたつ布団と共に、さよなら~。


e0298709_23431889.jpg


こたつの電気の部分はとっくに壊れ、
その部分だけ別付けで対応していましたが、
それも去年の終わりごろはあやしい気配。
思い切って、15年間 お疲れ様なのです。

机も狭かったので、10cm広い、130cmのものへ。

子供たちが同時に宿題が出来るようになりました。

そして、高さも5cmお好みで高く出来るので、
みんな 横向きでも寝やすくなったと、大喜び♪

しかし、私。
こたつを新調してから1ヶ月。
ゴロゴロする暇、一度もなし。
昼寝する家族を、
'恨めしい'とはまさに このこと。

ようやく、本日ゆっくり休みましょう。
じんわり、温かいわ。
こたつも進化してるね~!と感心しつつ。
るるる♪マンガ、マンガ~。

elly

広島ブログ
あねです。
いつの日かきっと、観たことを懐かしく思える、
そんな作品でした。


e0298709_23412338.jpg



「ニュー・シネマ・パラダイス」
(1988年、イタリア)

都会で成功した主人公の男性が、
映画とともにあった少年時代を振り返り、
久しぶりに故郷を訪れる、という
ノスタルジー気分満載のストーリー。
印象的な音楽とともに、
映画好き必見の1本、と言われています。

"ニュー・シネマ・パラダイス"とは、
主人公が映写技師として働いていた映画館の名前。
かつての賑わいも見る影なく、やがて閉館となり、
街の人たちが見守る中、駐車場にされるため、
ダイナマイトで壊されてしまいます。
映画という娯楽の栄枯盛衰(えいこせいすい)を
まざまざと見せつけられるようで、心が痛みました。

というのも、この映画が上映されているのは
年末で閉館となる"シネツイン新天地"。
ゆったりした赤いシートに深く腰掛け、
ぜいたくなひとときを過ごしてきたこの空間とも
もうすぐお別れです。

そう遠くない未来、
この映画音楽がどこからか流れてくると、
大好きだったこの映画館のことを
懐かしく思い出すことになるのだなぁ、
と、ひそかに涙したわたくしでありました。

広島ブログ
by 3f-company | 2013-11-22 08:00 | 映画
「羊毛フェルトが作りたい」と、
小3の娘が言うので、手芸屋さんで買って来ました。


e0298709_061979.jpg


用意するものは、羊毛フェルトと、専用の針、
そして、台のスポンジ。


e0298709_061737.jpg


ぶすぶすと刺して、


e0298709_061610.jpg


形作りながら、小さくしていきます。

気がついたら、こんなの出来ていました。


e0298709_061483.jpg


みたらし団子と三色団子。

すごい!すごい♬上手ね〜。

さらに、毎日増えています。


e0298709_061263.jpg


ぶすぶすと、時間がかかり、
単純作業がひたすら続く羊毛フェルト。

私には全く向いてなかったのだ。
二年前に試してみた時、◯がせいぜい出来ただけ。
針は二本も折るわ、いらっとするわ。

鯉のぼりも出来ました。


e0298709_06983.jpg


クリスマス用に、雪だるまをリクエスト中。

息子もやってるわ。


e0298709_06718.jpg


と思ったら
ペンギン、でかっ!!

elly

広島ブログ