収納は、「収め、納める」

本屋で見付け、図書館で予約をかけた本がこちら。


e0298709_20522735.jpg


「収め、納める。」  川上 ユキ  著

とても可愛いイラストで、
何だか私も「収め、納める」を、やってみたくなりました。

ちょうど、ぶ厚い真冬ものは不要になってきて、
春先の服が必要になってきたところです。

押入れの奥に、ぎゅーぎゅーに、押し込んでいる
子どもたちの服の袋を出してみました。


e0298709_20522520.jpg


毎度、衣替えが大変なんです。
とにかく、量がすごいのと、
どこに何が入っているか、分からないという酷さ。

それを、服の数を限定し、カゴに収めました。


e0298709_20522397.jpg


そして、


e0298709_20522166.jpg


納めました。

三人 子どもがいるので、
各々の服を一段ごとに分けました。

これは、気持ちいい!


e0298709_20521864.jpg


(整理.分類し)収めて、(押入れに)納めました。
これで、もう 衣替えも怖くないぞ!

elly

広島ブログ
# by 3f-company | 2013-04-05 08:00 | 整理・収納・住まい

おもいがけないサービスに遭遇

あねです。
”試験勉強の日々”を送っています。

紙屋町の紀伊国屋書店で
参考書・問題集を購入。


e0298709_2121813.jpg



4冊で12,000円。まあ、許容範囲内。


e0298709_2121618.jpg


ところで、
5,000円以上お買い上げで
無料配達のサービスがあることを
このたび初めて知りました。
翌日には到着とのこと。

今回は利用しなかったけど、
雨の日は便利かも。
やるじゃん。紀伊国屋。

広島ブログ
# by 3f-company | 2013-04-04 08:00 | お散歩ブログ(広島圏内)

ハヤシ パン

ふと、思いついて、ハヤシライスの残りで、
ハヤシ パンを作ってみました。


e0298709_2330439.jpg


カレーの残りでカレーパンを作る要領です。
近頃 みんながよく食べるので、カレーが全く残らなくなり、
カレーパンの出番がなくて、淋しいなぁと思っていたところです。

ハヤシライスは茶わん一杯分残っていれば、十分です。
ここに、じゃがいもをゆがいたものを大なら一個、
小なら二個を加えて、塩コショウとケチャップで味を整えます。

《ハヤシ パンのレシピ》
強力粉  400g
塩  8g
砂糖  30g
ドライイースト  8g
バター  30g
卵  半分と そこに水を270CCまで足す

一次発酵後、50g 分割。
ベンチタイムは短めで、成形に入る。


e0298709_233026.jpg


このときのコツは、少し大きめに生地を棒で伸ばす。
具がはみ出さないように。


e0298709_23295966.jpg


とじ目はしっかり。
とじ目は下で、二次発酵。


e0298709_2329572.jpg


半分残っている卵に通して、パン粉をつける。
油で揚げる。


e0298709_23295524.jpg


あつあつ、サクサク、ホクホクです!

油で揚げるのはとても面倒ですが、
その労働に見合う美味しさが約束されていますよー。

elly

広島ブログ
# by 3f-company | 2013-04-03 08:00 | ホームメイドパン。時にケーキ

建物見学@兵庫県宝塚市

あねです。
公用で神戸に行きました。
こそっと便乗して建物見学です。

宝塚は神戸・三宮から阪急電車で約40分。
西宮北口駅で阪急今津線に乗り換えて
北上します。

カトリック宝塚教会(1965年)


e0298709_20551874.jpg
西側外観


宝塚南口駅から徒歩3分。
線路沿いにあり。
車窓からも見えます。


e0298709_20551771.jpg
東側外観


塔の高さは約22m。


e0298709_20551695.jpg
なんとも
有機的な表現



宝塚市庁舎(1980年)


e0298709_20551449.jpg
北側外観
円筒は議場塔


カトリック宝塚教会から徒歩20分。
最寄り駅は逆瀬川駅。


e0298709_20551323.jpg
建物をとりまく
開放的な回廊



設計は両方とも村野藤吾(むらの とうご)。

村野藤吾(1891-1984)は、
世界平和記念聖堂(カトリック幟町教会)を設計した建築家。
「死ぬ瞬間まで鉛筆を握らせてください」と祈り続け、
その願いどおり、亡くなる93歳まで現役で活躍した人です。

こんなせっぱ詰まったときに建物見学?
いえいえ、心動かす建物を見た余韻は
苦しい試験勉強の支えになるのです。

参考資料:
「村野藤吾建築案内」村野藤吾研究会編 TOTO出版(2009)
「ある日の村野藤吾 建築家の日記と知人への手紙」
 村野敦子 六耀社(2008)


広島ブログ
# by 3f-company | 2013-04-02 08:00 | 建築