お道具"箱"

あねです。
仕事が違えば
使う道具も人それぞれ。
同業者以外の人に説明するのは
現物がない場合、ひと苦労です。

現場に出るとき持って行く
わたくしの”お道具箱”と、その中身。


e0298709_211402.jpg


1.ポーチ:緑色、サイズは20㎝×8㎝。
「ブランドの名前とか入ってる?無印?ああ、無印良品ね」


e0298709_21135736.jpg


2.スケール:ケースは黄色、長さは5.5m。
「長さを測るもので、金物でできているものだね。
 5.5mってけっこう長いね~。大工さん用?」


e0298709_21135595.jpg


3.懐中電灯:緑色、サイズは15㎝。
「普通のなの?一般に売られているもので、特殊な仕様じゃないんだね。
 床下とか、配管とか見るのに?たしかに暗いから照らさないと見えないよね」


e0298709_21135263.jpg


4.レベル:キーホルダーになっている携帯用。サイズ約3㎝。
「色付きの水が入っていて、水泡が左右に動いて・・・ああ、水平を調べる道具ね。
 床が傾いてるのを見たりするんだよね。大きいのなら見たことあるよ」


e0298709_21134850.jpg


5.軍手:黒色。手のひらに滑り止めの白いプチプチ付き。
「作業で使うものだね。ところで、手どうしたん?しもやけ?仕事柄?ひどいねぇ」


e0298709_21134582.jpg


6.プラスチック手袋:白色、使い捨てタイプ。
「ああ、自分たちも死体を調べるときに使うよ。
 サイズがS、M、Lとあるけど、わからない?じゃ、サイズは、いいか」

「以上?じゃ、ここに名前と住所と連絡先を書いて。
 見つかったら電話しますからね。ごくろうさん」

先週、近所の交番で落とし物の届け出をしました。
現場から戻ったときに、カバンの中になく、
どこかで落としたようなのです。

”お道具箱”と、その中身を書類に書きながら、
モノがないので、身振り手振りで補足説明。
すると、警察の人がそれぞれについて、
自分なりの解説をしてくれました。

さて、届け出てから一週間。
部屋の机の下でひっそりしているのを発見!

e0298709_21134392.jpg
(再現して撮影)


事務所ならともかく、なぜ、自分の部屋?
なぜ、こんなところに?

もしや、お道具一斉ストライキ?
働き過ぎで休みが欲しかった、とか?
むむむ。君たち、
お休みが欲しいのはこっちだよ~!

広島ブログ
# by 3f-company | 2013-03-09 08:00 | 日用品・文房具

ゴミ箱

勝手口の外用に、大きいゴミ箱を購入しました。


e0298709_175637100.jpg


生協で 5980円、ちょっと高かったけど、思い切りました。

今までは、


e0298709_17563568.jpg


こんな縦長のゴミ箱。
下の方が出しにくいので、全く使ってなくて、
ゴミ袋はこの上や横らへんに放置。
常にゴミ置き場状態。

今回は横長なので、中身が見やすいし、たっぷりの大容量。


e0298709_17563337.jpg


不要と判断したモノを片っ端から、ゴミ箱へGo!
見た目も もうゴミ屋敷じゃないよ。

しかし、満足した気持ちは長続きせず。

ゴミ箱の蓋を開け閉めする時の異臭が、
なんともゲンナリです。

それが、一転。
ゴミ箱を開けるのが、楽しみに変わりました。

昔、マイブームだった アロマオイルです!

全然使ってないけど、処分するのもなぁ…という代物。


e0298709_17563090.jpg


これを大量に布巾に染み込ませ、ゴミ箱の中に投入。
蓋を開ける度に、とても良い香り!

調子づいて、家のゴミ箱の底にも、布巾を投入。

らららん。一挙両得!
我ながら ナイスアイディアだわ~♫
広島ブログ
# by 3f-company | 2013-03-08 08:00 | 整理・収納・住まい

続 梅の開花@名勝 縮景園

あねです。
忘れっぽいけど、根に持つ性格。

先日、梅の開花を楽しみに
はりきって縮景園(しゅっけいえん)に出かけましたが
かなりのフライング気味で
えりーからも「写真、枯れ枯れだったね」という感想。

たしかに枯れ枯れでした。


(参照:2013年2月19日「梅の開花@名勝 縮景園」)

鼻息荒く、リベンジ甘酒!
もとい。リベンジ梅の開花!



e0298709_17585679.jpg


移動中の寄り道なので、時間は15分が限度。
自転車を止めて、ダッシュで入場。
普段は、園内をぐるぐる回ってから
最後に梅林の小径に入るのですが、
本日は、時間が限られていたため、
ショートカットコースを採用。
正面入ってすぐ左折です。


e0298709_17585415.jpg


先日とは大違い、カラー画面が広がっています。

e0298709_17585253.jpg
(2013.2.17撮影)



e0298709_17585021.jpg
(2013.3.3撮影)


夕刻近くで青空をバックにするには光が足りず、
撮影の絵的にはベストとは言いがたし。
でも、じつは、こちらの開花の醍醐味は
写真に収めることではなくて、
酔いそうなぐらいの濃厚な香りが
満喫できることなのです。

自然の香りをぞんぶんに吸い込むと、
身体のすみずみまで春の訪れが楽しめます。

17日は恒例の「桃見茶会」が開かれますが
主役の桃は、まだこんな感じ。


e0298709_17584719.jpg



”梅”の次は”桃”、そして春本番の”桜”と続きます。
季節の移り変わりを実感できる縮景園に感謝!

さて、このあと、もうひと用事あったので、
茶店に近づかず早々に退散。
甘酒をいただくのは、また次回。

甘酒は茶店「泉水亭(せんすいてい)」にて300円なり。
広島ブログ
# by 3f-company | 2013-03-07 08:00 | 名勝 縮景園

女子中学生が読むマンガ

本もマンガも読まない長女。
本を読むのは、年に一回、読書感想文の時期のみ。

そんな彼女が、学校でマンガ交換が流行っているとかで、
お友達の話題に入るために、マンガを借りて帰るようになりました。

マンガ好きの母を気遣って、
「ママも読む?」と貸してくれたものの、数分後には、
母の酷評を聞くはめに。
「なにこれ~!?全然面白くない。」に始まり、(中略)
終いには
「世の中には もっとたーくさん面白いマンガがあるんだよ。」
と怒り気味。

可哀想なマンガはこちら。


e0298709_20512627.jpg


『花けだ』って略すらしいです。
累計150万部を誇る大人気少女マンガ。

「こっちはたぶん面白いよ」と、借りて来たマンガも、


e0298709_20512411.jpg


う~ん、、、どうもイマイチね~。
私の感想は置いておいて、
こちらも、累計500万部突破の超人気コミック。

やっぱり女子中学生向きは、無理があるのかしら?
と、諦めていたら、当たりが来ました!!


e0298709_20512185.jpg


『ココロ ボタン』(宇佐美 真紀 著  小学館)
"お試し"でお付き合いをすることになったものの、
立場はただの"片思い"。
そんな主人公  新奈(ニーナ) が、おとぼけで笑えるのと、
絶妙に嫌みでない程度に、はぐらかし、
憎めない お相手の 古閑(こが)くん がとても面白い。

続きが気になります。
本屋へ行くと、最新刊で9巻が並んでいました。
一冊づつしか回って来ない順番を、私、待てるかしら?
大人買い の 衝動を

「どうせなら、友達が持ってないマンガを買って。」と言われ、、、
「そりゃ、そうだね」と、納得。

そして、
「借りてばかりだから、うちからもなんか貸すわ」と、娘。
「20世紀少年は?」「全巻揃ってるよ」と、私。


e0298709_20511831.jpg


「いやよ、少女マンガよ!!

う~ん、中学生が読んでもいいマンガね~…
悩んだ結果、
『のだめ カンタービレ』を倉庫から出して来ました。


e0298709_20511681.jpg


ところで、学校にマンガを持って行ってもいいの?
って、ダメです!ダメです!

厳重に、
•授業中は絶対に読んではいけません。
•そして、例え休憩時間でも袋から出してはいけません。
•睡眠不足防止に、二冊づつ貸すこと。
•その旨、友達にも伝えること。

と、言い渡し、不透明のビニール袋を用意した私。
悪っ!!

広島ブログ
# by 3f-company | 2013-03-06 08:00 | マンガ