広島市に住む姉妹が毎朝6時に交代で更新中。
by 3f-company
about us, F姉妹
elly(妹):
シナリー化粧品 アドバイザー。健康と美容のウンチクはお任せあれ。なりたてホヤホヤ 親業訓練インストラクター。

あね(姉):
藍染インテリアを提案する「ay by sy」主宰。色彩コーディネーター、二級建築士。
記事ランキング
カテゴリ
美容・健康
シナリー化粧品
親業
建築
施工監理 小ばなし
整理・収納・住まい
色彩いろいろ
ホームメイドパン。時にケーキ
マンガ
映画
読書
おでかけブログ(広島圏外)
お散歩ブログ(広島圏内)
広島アートシーン
名勝 縮景園
日用品・文房具
無印良品
ミドリ メッシュペンポーチ
食卓・おやつ・お弁当
イートアウト
シャルレ
季節の行事
日々のできごと
off today
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月


「携帯電話と脳腫瘍の関係 ついに科学が明らかにした!」マーティン・ブランク著 /近藤隆文 訳

"我われは「史上最大の生物実験」に参加している"
から、第1章が始まります。

e0298709_14373923.jpeg

電磁放射線曝露をもたらすテクノロジーと
どうつきあっていくか、考える時期に来ているのかも、とヒシヒシと感じました。

elly

# by 3f-company | 2019-02-20 06:00 | 読書

番外 おやつ編@親業講座 第2回目

-アーモンドプードル?


-アーモンドの粉のことよ〜


-ちょっと入れるとお店で買ったみたいな味になりますよね

e0298709_14021869.jpg

(アーモンドプードル入り ショートブレッド by elly)


親業講座2回目、近況報告を交えてのコーヒーブレイクのひとコマでした。


お菓子事情も仕入れた あね

***************



# by 3f-company | 2019-02-19 06:00 | 食卓・おやつ・お弁当

ビーズのネックレス

キットを購入して、一年半?

やりかけては片付け、やろうと思っては止め、
ようやく、なんとか、完成にこぎつけました。

e0298709_17412278.jpeg

ビーズに紐を通すだけとはいえ、
細かい作業が、苦手分野でした。

e0298709_17420771.jpeg

とは言え、完成したら、こっちのもの!

アロマポットに、パルファン[シナリー化粧品]を入れて、

e0298709_14312880.jpeg

ご機嫌に身につけています。

elly

# by 3f-company | 2019-02-18 06:00 | 日用品・文房具

感想と振り返り@親業講座 第2回目

早くも第2回目!この部屋は少し寒いわ~と言いながら、能動的な聞き方について学びました。

e0298709_14015695.jpg

そもそも人間は、話を聞いてもらいたい生きもので、相づちをうったり、それで~?などの話をうながす問いかけ(=受動的な聞き方)だけでは「本当に聞いてるの?」「分かってるの?」と感じてしまい、理解し合うというレベルには至らないもの。表面的なやりとりから、一歩踏み込んで深層に迫っていける可能性がある能動的な聞き方を、ロールプレイで体験しました。


できるだけ相手の発言から気持ちを汲んで返しましょう、ということでしたが、感情を表す言葉がとっさに思い浮かばず、自分の番になる度に視線が泳ぎ四苦八苦。普段、会話の中で いかに相手の心情を読み取っていないかを自覚した次第です。


今回出された宿題とともに、次回までの自己学習として、言葉のストックを増やそうと思いました。


次回は、また1ヶ月後。長い道のり、ボチボチ頑張ります。


あね

***************


# by 3f-company | 2019-02-17 06:00 | 親業