広島市に住む姉妹が毎朝6時に交代で更新中。
by 3f-company
about us, F姉妹
elly(妹): 開運掃除&時短家事。目下の目標は、流れるように家事を回す!パート勤務も3年目突入。シナリー化粧品 アドバイザーとしてもお陰様で充実活動中。高3娘、中1息子と娘で 5人家族。

あね(姉):なりわいは建築施工・監理。HPは持たず、広告宣伝一切なし。住まう家に惜しみない愛情を注ぐお客さんのパートナーとして、日々仕事にまい進中。趣味は建築探訪。言葉は通じずとも、39度の熱があろうとも、目当ての建築があるならば、地の果てまでも参ります。
記事ランキング
カテゴリ
美容・健康
シナリー化粧品
建築
施工監理 小ばなし
整理・収納・住まい
色彩いろいろ
ホームメイドパン。時にケーキ
マンガ
映画
読書
おでかけブログ(広島圏外)
お散歩ブログ(広島圏内)
広島アートシーン
名勝 縮景園
日用品・文房具
無印良品
ミドリ メッシュペンポーチ
食卓・おやつ・お弁当
イートアウト
シャルレ
季節の行事
日々のできごと
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月


コレクション展2013-Ⅱ「サイト=ヒロシマ」@広島市現代美術館

あねです。
お盆に帰省していた友人が
「アート・アーチ・ひろしま2013」共通チケットの
残りを置いて帰ってくれました。


e0298709_18331340.jpg



(「アート・アーチ・ひろしま2013」共通チケットについてはellyの2013.8.19の記事を参照)


美術館には何度行っても新しい発見があるものです。
ありがたく頂戴し、出かけて参りました。


e0298709_18331180.jpg


今回の「コレクション展」は、
広島市現代美術館が収蔵している作品の中から、
特に「ヒロシマ」をテーマにしたものが展示されています。


e0298709_183381.jpg


北山善夫(きたやまよしお)
「 誰が「ひろしま」と名付けたのか」

原爆投下直後の「きのこ雲」をイメージ、
豚の皮と竹でできています。
なんと、中に入ることができます。


e0298709_1833678.jpg


外から見るのとは全然雰囲気が違います。



e0298709_183333.jpg


荒木経惟(あらきのぶよし)
「ヒロシマ2花」

ご存知「天才アラーキー」の作品。
ひろしま に はな、と読みます。
原爆で傷ついたヒロシマに花をたむける
という意味で、色鮮やかな花々の写真が並びます。



e0298709_1833112.jpg


奈良美智(ならよしとも)
「Missing in Action - Girl meets Boy-」

Boyとはリトルボーイ、すなわち
広島に投下された爆弾のコードネームのこと。
奈良さんの作品はたいへん人気あり。
カメラ撮影率が高く、順番待ちです。

ところで、今回のコレクション展は
フラッシュを使わなければ写真撮影OKなのです。
気を良くして、パシャパシャ撮りまくりました。



e0298709_18325846.jpg


北辻良央(きたつじよしひさ)
「HIROSHIMA」

広島の地図の上に
広島の名産カキのカラと
平和の象徴のオリーブが置かれています。


e0298709_1832553.jpg
同作品の全景


この作品は、ほとんどお披露目されることがなく、
今回の展示は貴重な機会とのこと。

さて、広島市現代美術館の収蔵作品の多くは、
「ヒロシマ」をテーマに、作家に制作を依頼する
「制作委託」の形がとられています。
表現方法は作家におまかせなので、
現代アートの多様性を楽しむこともできます。



e0298709_18325265.jpg


最後は現代アートと言えばお約束の
草間彌生(くさまやよい)
「よみがえる魂」

草間さんと言えば水玉ですが、
この作品の水玉模様は、原爆で亡くなった方の魂を表しており、
その魂が天に召される様子がモノクロで表現されています。

今回は、展示作品をガイドしてくれる心強い味方、
アート・ナビゲーターさんの親切丁寧な説明を受けながらの鑑賞でした。


e0298709_183250100.jpg


新しい発見が続々で大満足!
美術館は2度でも3度でも楽しめます。

広島ブログ
by 3f-company | 2013-08-26 08:00 | 広島アートシーン
<< スーベニアフロムトーキョー  ...  『LOVE展』 @森美術館 >>