広島市に住む姉妹が毎朝6時に交代で更新中。
by 3f-company
about us, F姉妹
elly(妹): 開運掃除&時短家事。目下の目標は、流れるように家事を回す!シナリー化粧品 アドバイザーとしてお陰様で充実活動中。大学1年娘、中2息子と娘で 5人家族。

あね(姉):なりわいは建築施工・監理。100年先も視野に入れ、心豊かに元気で楽しく長生きすることが目標。そのためにも、地球環境に優しい自然素材や、身体に良い食べ物について思いを巡らせる日々を過ごしています。
記事ランキング
カテゴリ
美容・健康
シナリー化粧品
建築
施工監理 小ばなし
整理・収納・住まい
色彩いろいろ
ホームメイドパン。時にケーキ
マンガ
映画
読書
おでかけブログ(広島圏外)
お散歩ブログ(広島圏内)
広島アートシーン
名勝 縮景園
日用品・文房具
無印良品
ミドリ メッシュペンポーチ
食卓・おやつ・お弁当
イートアウト
シャルレ
季節の行事
日々のできごと
off today
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月


映画「おみおくりの作法」@サロンシネマ

自分の葬儀に誰が来てくれるだろう?
ふと思いました。


e0298709_10162313.jpg


映画「おみおくりの作法」
(2013年、イギリス・イタリア、
原題「Still Life(静物画)」)

リストラ解雇直前の主人公の、最後のひと仕事を描いた物語です。

主人公ジョン・メイは勤続22年の公務員。身寄りがなく孤独死した人の身元を調査し、しかるべき"おみおくり"をするのが仕事。もはや会話をかわすこともできない人たちの人生に想いを寄せ、少ない手がかりからできるかぎりの準備をし、親切に丁寧に弔ってきたのですが、このご時世。無駄な仕事をしているとリストラを宣告されます。

最後の仕事は、向かいの部屋に住んでいた男性。まったく面識がなかったことに衝撃を受けつつ、遺品のアルバムから愛娘がいると推測。写真を手がかりに男性の縁者を訪ね歩き、葬儀に参列して欲しいとお願いして回りますが、生前の傍若無人ぶりを聞かされ、どの人からも、ましてや娘からもよい返事はもらえません。それにもかかわらず、いつもとかわらず丁寧に葬儀の準備を進めるジョン・メイ。自分用に取り置きしておいた眺めのよい墓地の区画も譲ってあげる親切ぶり。

そして、葬儀の日がやってきます。


この仕事をするジョン・メイも、家族のいない独り者、というのがこの作品の肝の肝。淡々と進むストーリー同様、彼の振る舞いも淡々としているのですが、控えめな笑顔とか、腹立たしい上司にちょっとしたいたずらをしてみたりとか、時折見られる感情表現にクスっと笑えます。

また、映像は清潔で綺麗。グレイッシュなトーンでまとめられた色彩は、デリケートなモチーフを扱っている物語にふさわしい印象です。

とりわけ、はっと思ったのが、リストラを宣告する上司とジョン・メイのオフィスのインテリアの違い。スチールと木(もく)本来の素材の持ち味を活かしたインテリアは、お手本として写真におさめて帰りたいほどのまとまりようで、おもわず身悶えしました。方や、嫌みな上司のオフィスは、見栄えよくプリントコーティングされた家具や扉(*)。物事を表面的にしかとらえられない人間性を表しているように感じました。画面に映るものはひとつ残らずきちんと選別されている徹底ぶりがうかがえます。

ちなみに、予告編でちらりと見えたBIC 4色ボールペンは劇中にて大活躍。


e0298709_10161990.jpg


職場でも自宅でも愛用しているシーンが随所に見られ、同じ文具を愛用している親近感で、気分も大いに盛り上がりました!

あね


e0298709_10161582.jpg


映画「おみおくりの作法」は
3月7日から4月3日まで
サロンシネマにて上映。

(*)あくまでもスクリーンで見た私的印象です。
**********
by 3f-company | 2015-03-13 06:00 | 映画
<< シャンプー《シナリー化粧品》 パンの非常食 >>