広島市に住む姉妹が毎朝6時に交代で更新中。
by 3f-company
about us, F姉妹
elly(妹): 開運掃除&時短家事。目下の目標は、流れるように家事を回す!シナリー化粧品 アドバイザーとしてお陰様で充実活動中。大学1年娘、中2息子と娘で 5人家族。

あね(姉):なりわいは建築施工・監理。100年先も視野に入れ、心豊かに元気で楽しく長生きすることが目標。そのためにも、地球環境に優しい自然素材や、身体に良い食べ物について思いを巡らせる日々を過ごしています。
記事ランキング
カテゴリ
美容・健康
シナリー化粧品
建築
施工監理 小ばなし
整理・収納・住まい
色彩いろいろ
ホームメイドパン。時にケーキ
マンガ
映画
読書
おでかけブログ(広島圏外)
お散歩ブログ(広島圏内)
広島アートシーン
名勝 縮景園
日用品・文房具
無印良品
ミドリ メッシュペンポーチ
食卓・おやつ・お弁当
イートアウト
シャルレ
季節の行事
日々のできごと
off today
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月


夏の思い出 2015@広島県大久野島

- 行きましょう!

お盆休み、広島に帰省してきた友人に背中を押してもらって、近くて遠い県内の観光地、竹原市の大久野島(おおくのじま)に初めて出かけて参りました。

大久野島と言えば、有名なのはうさちゃんとのふれあい


e0298709_1985386.jpg


島内に300羽ほど生息しているというウサギですが

なにぶん夏の暑い盛り、
砂地と同化して目立たずじっとしているものもあり


e0298709_1991329.jpg


木陰に穴を掘って休んでいるものもあり


e0298709_1993342.jpg


上陸したらすぐにたくさん寄ってきますよ〜、という宣伝文句までには至らず。
さらに言えば、人間と同様に新鮮な野菜がお好みのようで、島に渡る前に買い求めた乾燥カリカリえさは、残念ながら不人気でした。

さて、気を取り直して。
瀬戸内海ですから、お楽しみは海の幸


e0298709_1994427.jpg


国民休暇村のレストランにて

季節限定で"たこしゃぶ付き"の定食がいただけます。


e0298709_199513.jpg


豪華なタコづくしのお料理に舌鼓。
片道3時間の疲れも吹き飛びます。

そして忘れてはいけないのは、この島の負の側面。

1929年から1944年まで、兵器として使用するための毒ガス工場が稼働していた場所でもあります。


e0298709_1910282.jpg


(火力発電所跡)

日露戦争の直前に砲台が配備されたことで、軍の管轄下として機密施設が作りやすかったこと、島には3戸の農家しか住み手がおらず、用地買収が簡単にできたことなどから白羽の矢が立てられたようです。

第二次大戦後、占領した連合軍により、工場内の設備はすべて撤去されたのですが、建物の一部が残っている場所もあり。遺構をながめるだけでも当時の様子に思いを馳せることができます。


e0298709_19115826.jpg


(長浦毒ガス貯蔵庫跡)

"お国のため"と駆り出され、危険な毒物を扱う工場で働いていた人々の今も続く健康被害。また、終戦時に未使用の毒ガス兵器を埋めて隠してきた"かの地"でも、同様の被害が起きているという現実。

終戦から70年、まだ知らない戦争の事実を知るきっかけになった小さな旅でした。

あね

追記>>>
ちなみにウサギは、実験用に飼われていたものが逃げて増えたのだ、とはよく聞く話ですが、資料によると、この島が国民休暇村に指定された際にマスコットとして10羽ほどが持ち込まれて以降、自然繁殖したとのことです。

参考資料>>>
「一人ひとりの大久野島 毒ガス工場からの証言」行武正刀 ドメス出版(2012)
「伝言 東京第二陸軍造兵厰忠海製造所」毒ガス島歴史研究所(2004)
「隠されてきた「ヒロシマ」ー毒ガス島からの告発」辰巳知司 日本評論社(1993)
****************
by 3f-company | 2015-09-03 06:00 | おでかけブログ(広島圏外)
<< ハンズメッセ アートアクアリウム2015 @... >>