広島市に住む姉妹が毎朝6時に交代で更新中。
by 3f-company
about us, F姉妹
elly(妹):
シナリー化粧品 アドバイザー。健康と美容のウンチクはお任せあれ。なりたてホヤホヤ 親業訓練インストラクター。

あね(姉):
藍染インテリアを提案する「ay by sy」主宰。色彩コーディネーター、二級建築士。
記事ランキング
カテゴリ
美容・健康
シナリー化粧品
エシカル
親業
建築
施工監理 小ばなし
整理・収納・住まい
色彩いろいろ
ホームメイドパン。時にケーキ
マンガ
映画
読書
おでかけブログ(広島圏外)
お散歩ブログ(広島圏内)
広島アートシーン
名勝 縮景園
日用品・文房具
無印良品
ミドリ メッシュペンポーチ
食卓・おやつ・お弁当
イートアウト
シャルレ
季節の行事
日々のできごと
off today
aybysy
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月


「似ていることば」おかべたかし・文 やまでたかし・写真

なんとな〜く分かっているふりをしてきた言葉の違いに決着をつけてくれる、ありがたい本です。



e0298709_17375548.jpg



「似ていることば」おかべたかし・文 やまでたかし・写真
東京書籍(2014)

4ページ構成。最初に、似ている2つのことばの違いを見開きの写真でわかりやすく。後半の2ページは、簡単な説明文と関連コラムで興味をふくらませてくれます。

ページをめくる度に、大人なのに知らなくてすみません、の連続でした。

特に、これ。

"蛾"と"蝶"


e0298709_17383325.jpg


「羽を開いて止まるのが蛾。羽を閉じて止まるのが蝶。」

追い払ってよいものと愛でるものの違いが分かって、すっきりしました。

では、"羽"と"羽根"の違いはというと、


e0298709_17383522.jpg


「鳥の体についているのが「羽」」
「鳥の体から離れているのが「羽根」」

お恥ずかしいことに、今までなんとなく雰囲気で使ってきました。
穴があったら入りたい、、、

その他、なるほどと思ったものを挙げると、きりがないのですが、備忘的に。

"原料"と"材料"


e0298709_17385677.jpg


原形を留めているか否か

"絞る"と"搾る"

「押し付けるようにして水分を出すのが「搾る」」

"使用"と"利用"

本来の目的で使うか否か。

"卵"と"玉子"

食べるのは玉子。

"制作"と"製作"

実用品か芸術品か、の違い。
そう言えば、映画は"製作"ですね。

ちなみに、英語バージョンもありました。
参考までに。



e0298709_17375612.jpg


「似ている英語」
おかべたかし・文 やまでたかし・写真
東京書籍(2015)


あね
****************
by 3f-company | 2016-10-17 06:00 | 読書
<< 「天は赤い河のほとり」 篠原 ... ネギとおあげ >>