広島市に住む姉妹が毎朝6時に交代で更新中。
by 3f-company
about us, F姉妹
elly(妹):
シナリー化粧品 アドバイザー。健康と美容のウンチクはお任せあれ。なりたてホヤホヤ 親業訓練インストラクター。

あね(姉):
藍染インテリアを提案する「ay by sy」主宰。色彩コーディネーター、二級建築士。
記事ランキング
カテゴリ
美容・健康
シナリー化粧品
エシカル
親業
建築
施工監理 小ばなし
整理・収納・住まい
色彩いろいろ
ホームメイドパン。時にケーキ
マンガ
映画
読書
おでかけブログ(広島圏外)
お散歩ブログ(広島圏内)
広島アートシーン
名勝 縮景園
日用品・文房具
無印良品
ミドリ メッシュペンポーチ
食卓・おやつ・お弁当
イートアウト
シャルレ
季節の行事
日々のできごと
off today
aybysy
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月


カラフルでサスティナブルな建築「GSW本社」(ドイツ ベルリン)

人は見かけによらぬもの、とでも申しましょうか。
カラフルな見た目からは想像できないほどのハイスペックな建築です。



e0298709_1573271.jpg



GSW本社(1999)
設計:ザウアーブルッフ&ハットン
(撮影:2016年10月)

リベスキンドの「ユダヤ博物館」に向う道すがら、しゅっとした身幅の狭い22階建てのビルが見えます。



e0298709_1574833.jpg



"GSW"とは、公的な性質を持った住宅関連総合サービス企業。1950年代に建てられた本社ビルの建て替えコンペを行い、夫婦で建築家のマティアス・ザウアーブルッフとルイーザ・ハットンの増築案を選定。徹底した省エネルギーの検証を行い、持続可能な建築を目指すというコンセプトのもとに設計されています。

ダブルスキン(90cmの間隔がある二重ガラス)の中に組み込まれた色とりどりの縦型のルーバーは、その日の天気によって、位置と角度が自由に調整できる仕掛け。ここで働く人たちの裁量で日々刻々とファサードの様子が変わるというのが大きな特徴です。


e0298709_1582850.jpg


(※1)

外気は東側壁面のガラリから取り込まれます。


e0298709_158160.jpg



("裏"のデザインも手抜かりなし)


屋上の翼は、換気の動力源として利用される風を捉える働きをし、

7〜10mという身幅の狭さは、すべての部屋での自然採光を可能にしています。


e0298709_1583847.jpg



(ダテに細身なわけじゃない)


その他、できるだけ電力に頼らない方法で、オフィス環境を整える工夫が取り入れられているとのこと。

気密性が保たれ、空調が管理され、快・不快は人間の感覚を離れた数字でコントロールされている今どきのつるんとした高層ビルとは、大きく趣の違う建物。

知れば知るほど魅力的、ベルリンの街で一番印象に残った建物になりました。

あね

参考資料:
「窓のデザイン」産調出版(2005)(※1)
「a+u 建築と都市」2016:08
****************
by 3f-company | 2017-04-05 06:00 | 建築
<< 眼からウロコ《シナリー化粧品》 春の旅行2017@ユニバーサル... >>