広島市に住む姉妹が毎朝6時に交代で更新中。
by 3f-company
about us, F姉妹
elly(妹):
シナリー化粧品 アドバイザー。健康と美容のウンチクはお任せあれ。なりたてホヤホヤ 親業訓練インストラクター。

あね(姉):
藍染インテリアを提案する「ay by sy」主宰。色彩コーディネーター、二級建築士。
記事ランキング
カテゴリ
美容・健康
シナリー化粧品
エシカル
親業
建築
施工監理 小ばなし
整理・収納・住まい
色彩いろいろ
ホームメイドパン。時にケーキ
マンガ
映画
読書
おでかけブログ(広島圏外)
お散歩ブログ(広島圏内)
広島アートシーン
名勝 縮景園
日用品・文房具
無印良品
ミドリ メッシュペンポーチ
食卓・おやつ・お弁当
イートアウト
シャルレ
季節の行事
日々のできごと
off today
aybysy
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月


カテゴリ:読書( 155 )

「カウンセラーは何を見ているか」信田さよ子著

紹介文の "傾聴?ふっ。---「聞く力」はもちろん大切。しかし、プロなら、あたかも素人のように好奇心を全開にして、相手を見る。(略)" に惹かれて、図書館で予約を入れました。

e0298709_18251085.jpeg

不思議で面白い本でした。

後半の検査入院中の話は、スリリングでドキドキ!

隣のベッドのおばあさんとカーテンの隙間から目が合った瞬間は、サスペンス並みに、背筋が凍りました。

"私たちは毎日のカウンセリングで、目の前のクライアントの「病理」や「症状」に着目して、それをなくそうとするわけではない。それは《治療》、すなわち広い意味での医療の役割である。私たちは病理や症状ではなく、「問題」や「困りごと」を対象として、その《解決》のための援助を行なっている。"

エッセイのような話の中にも、カウンセラーの本質を覗かせてくるところが興味深い。

他の本も読んでみたいな。

elly

by 3f-company | 2019-07-13 06:00 | 読書

はっとした言葉@絵本「この計画はひみつです」

夏が来れば…平和学習!
ひろしま人なら当然でしょう。
e0298709_21023666.jpg
「この計画はひみつです」

先日、elllyがブログで取り上げていた絵本。返却前にチラ見させてもらいました。

訳者あとがきのこの一文に、心底はっとしました。
e0298709_21030247.jpg
「平和をつくろうとしているみなさんへ」

日々の生活のことで忘れがち。小さい頃から平和学習で学んできたこと、それは「平和はつくるもの。」でした。いささか平和ボケ状態の心にガツンと一撃食らいました。

あね
++++++++++


by 3f-company | 2019-07-12 06:00 | 読書

「うつ消しごはん」藤川徳美

卵は1日5個食べてもOK!?
ただし、卵かけご飯はNG!?
常識が覆りました。
e0298709_10111235.jpg
「うつ消しごはん
タンパク質と鉄をたっぷり摂れば心と体はみるみる軽くなる!」
藤川徳美 方丈社(2018)

心と体の健康のために、鉄を積極的にとりましょう、というお話です。
e0298709_10113182.jpg
それにしても、卵をたくさん食べても問題ないとは。時代が変われば、食べ物の良し悪しの基準も大きく変わるものなのですね。

ちなみに、ホカホカご飯に卵を割り入れて、お醤油をちょいと垂らして…の 卵かけご飯。白身を生で食するとビタミンが破壊されてしまうので、加熱が必須とのこと。

脳(舌)の"快"のために食べるのか、体の"快"のために食べるのか。そこは自己責任、ということで。

あね
++++++++++

by 3f-company | 2019-07-08 06:00 | 読書

「どもる体」伊藤亜紗著

"あくまで「思ったらすぐに出る」のが言葉というもの"

e0298709_10283595.jpeg

"ところが、なかには言葉の出方が一筋縄ではいかない人がいます。「たまご」と言おうとしているのに、「たたたたたたまご」になって出てくる。あるいはそもそも最初の「た」が出ない。"

e0298709_10284678.jpeg

"いわゆる「吃音」と呼ばれる症状です。"

吃音を抱えている人たちの言葉と体の独自の感覚が詳しく載っていて、未知なる世界に触れたようでした。

elly

by 3f-company | 2019-07-06 06:00 | 読書

「1分で話せ」伊藤羊一著

「どんな話でも『1分』で伝えることはできる」

e0298709_23470131.jpeg

「話している自分と相手を俯瞰で見る」

e0298709_23471152.jpeg

次から人前で話をする時の参考にしよう!

elly

by 3f-company | 2019-07-04 06:00 | 読書

「柳沢幸雄先生の空気の授業」柳沢幸雄 著

中身はハードですが、ソフトなイラストに引っ張ってもらって読み進めることができました。
e0298709_12103400.jpg
柳沢幸雄先生の空気の授業
化学物質過敏症とはなんだろう?
柳沢幸雄
ジャパンマシニスト社
(2019)

先日参加したシナリー化粧品の勉強会(香り編)で、参考資料として紹介してもらった本です。
e0298709_12123162.jpg
食べもののことには敏感でも、身体にいちばん取り込んでいる空気に鈍感だったと改めて感じました。

特にグッときた一文。

「自覚症状というのは相手になかなか伝わらないのです。」

何ごとにも当てはまる、このこと。あともう一歩の知識と思いやり、心がけたいです。

e0298709_12113692.jpg
あね
++++++++++

by 3f-company | 2019-06-26 06:00 | 読書

絵本「この計画はひみつです」ジョナ・ウインター 文 / ジャネット・ウインター 絵 / さくま ゆみこ 訳

ポップな絵で、
e0298709_21322658.jpeg

なんの話か分からない感じで始まりますが、

e0298709_21334694.jpeg

最後はめちゃ恐ろしい。

e0298709_21392458.jpeg

最初の原子爆弾が出来るまでのお話です。

平和学習に必読絵本です!

elly

by 3f-company | 2019-06-25 06:00 | 読書

「スクラップ・アンド・ビルド」羽田圭介著

- 人生 守りに入ったらいけん!

この本を読んで、やる気になった という友達の話を聞いて、私も読みました。

e0298709_10114940.jpeg

「健斗にもお母さんにも、迷惑かけて……本当に情けなか。もうじいちゃんは死んだらいい」
と、ぼやくことしかしない 祖父と暮らす孫の健斗。

孫の視点からの発想と思考が面白い。

2015年 芥川賞受賞作品。

elly

by 3f-company | 2019-06-22 06:00 | 読書

「そして、バトンは渡された」瀬尾まいこ著

久しぶりの小説、一気に1日で読みました。

e0298709_10252554.jpeg

3番目の父 森宮さんと暮らす高校生の優子。

e0298709_10320466.jpeg

どうして血の繋がりのない人と暮らすことになっていったか、徐々に明らかになっていきながら、お話は進みます。

e0298709_10083351.jpeg

面白くて、そして、感動のフィナーレ!

さすが、2019年 本屋大賞。

elly

by 3f-company | 2019-06-11 06:00 | 読書

「ちゃんと泣ける子に育てよう」大河原美以著

いじめ、不登校、リストカットなど、
色んな問題を抱えた親子の例が紹介されています。

e0298709_18203997.jpeg

"親は自分の感情が楽になることばかりに関心がいっていて、子どもの感情が楽になることに目が向いてない。"

苦しい、悲しい、怖い、憎たらしい、腹が立つ、と感じる子ども自身の感情に目を向けて大事にする事の重要性が分かります。

「親になる覚悟っていうのは、親が親自身の感情よりも、子ども自身の感情に目を向けて大事にする覚悟をするってことでもある。」

elly



by 3f-company | 2019-06-06 06:00 | 読書