about us, F姉妹
elly(妹):
シナリー化粧品 アドバイザー。健康と美容のウンチクはお任せあれ。なりたてホヤホヤ 親業訓練インストラクター。

あね(姉):
藍染インテリアを提案する「ay by sy」主宰。色彩コーディネーター、二級建築士。
記事ランキング
カテゴリ
美容・健康
シナリー化粧品
エシカル
親業
建築
施工監理 小ばなし
整理・収納・住まい
色彩いろいろ
ホームメイドパン。時にケーキ
マンガ
映画
読書
おでかけブログ(広島圏外)
お散歩ブログ(広島圏内)
広島アートシーン
名勝 縮景園
日用品・文房具
無印良品
ミドリ メッシュペンポーチ
食卓・おやつ・お弁当
イートアウト
シャルレ
季節の行事
日々のできごと
off today
aybysy
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月


カテゴリ:読書( 163 )

「その調理、9割の栄養捨ててます!」監修 東京慈恵会医科大学附属病院 栄養部

"どうせ食べるなら、体がもっと喜ぶ食べ方を!"

e0298709_14381039.jpeg

本屋の立ち読みでは終わらなかったので、図書館で予約しました。

びっくりは白菜。
e0298709_14422399.jpeg

外側の葉からではなく、中心から食べる。

中心部のグルタミン酸(旨みのもと、疲労回復)は外側の14倍!
「中心部から食べれば、甘くおいしい上に外側の葉の養分を溜めてくれているので、購入時よりも旨みも成分もアップ!」

食べる順番変えるだけ。
すぐ実践できそう。

elly

by 3f-company | 2019-09-12 06:00 | 読書

「結局、丁寧な暮らしが美人をつくる。」松本千登世著

美容ジャーナリストの松本千登世さんから見た"人の心を動かす美しさとは" が、83 ストーリー載っています。

e0298709_16443387.jpeg

その中で、心に残ったのはこれ!

「健康であることと元気であることは違うんですよ。」という中井貴一さんの呟きの紹介のところ。

数値が健康でも元気じゃない人はいる。

e0298709_16562894.jpeg

目指すところは、元気で素敵だな。

elly


by 3f-company | 2019-09-07 06:00 | 読書

「子どもの英語力は家で伸ばす」関 正生著

英語のモヤっと疑問が、晴れる本です。

動詞に -sがつくのか、つかないのか。
3人称・単数がなかなか頭に入らない場合は、

e0298709_21220356.jpeg

逆の発想で、
[I と You 以外の単数は全部 -s がつく!]
こちらの方が断然覚えやすい。

中学生あるある質問に、スッと答えられそうです。

elly

by 3f-company | 2019-09-05 06:00 | 読書

「下り坂をそろそろと下る」平田オリザ著

この本は、2016年4月が第一刷発行と書かれていますが、今の韓国との関係悪化を予言している箇所があり、ぞっとします。

e0298709_12252775.jpeg

強烈に印象に残ったのは、演劇『新・冒険王』の企画文章で、
「日本は、アジアで唯一の先進国の座から滑り落ちたことを、まだ受け入れられない。

韓国は、先進国の仲間入りをしたことに、まだ慣れていない。」です。

出演する韓国人 若手の俳優たちの共通認識は、「韓国はまだ、先進国ではない。」という。
対外的には先進国をアピールしながらも、国民感情としては、先進国と思ってない。

このチグハグさを、問題点と指摘しています。

いまや日本は、地方の教育、福島の復興、人口減少問題、環境と経済共生、そして、韓国、、、
後回しに出来ない課題は山積み。

現代演劇界のオピニオンリーダー 平田オリザ氏の見解は、新しく、なおかつ、本質を見極めていて、勉強になりました。

elly

by 3f-company | 2019-08-27 06:00 | 読書

「思春期の子に、本当に手を焼いたときの処方箋33」土井髙德著

思春期に限らず、子どもの反抗、反発に手を焼く親は多いものです。

e0298709_10131460.jpeg

本を読んで親子関係が改善すればいいですが、現実は甘くないように思います。

「望ましい行動は注目と賞賛で強化し、望ましくない行動は無視することで消去していく」や、

目標を達成すれば、「報酬(ごほうび)」を与える、

など、賛成できない箇所もありましたが、

参考になった点もありました。

e0298709_10171831.jpeg

その5「大事なことを伝えるときは、しっかりと目を合わせる」です。

「目は外に出ている脳」だと言われ、瞳は外部から確認出来る唯一の脳神経と直結した臓器!

目は口ほどにものを言う、なわけです。

「人は相手の全身からシグナルを受け取っています。」

子どもに大事なことを伝えるときは、テレビのスイッチを消し、しっかりと目を合わせて語りかける。

それは本当に大事です。

elly

by 3f-company | 2019-08-24 06:00 | 読書

「ちょっと今から仕事やめてくる」北川恵海著

読み易かったねーなどと、長女と感想を言い合った後に、

e0298709_23404747.jpeg

70万部突破のベストセラー本だったと知りました。

そして、福士蒼汰と工藤阿須加で映画化もされていたと知ったのはさらに後。

e0298709_23405821.jpeg

中高生の夏休みの読書におススメです。

elly

by 3f-company | 2019-08-10 06:00 | 読書

「きちんと知ろうアレルギー」1 2 3

正しく知る、という見地からも、この本が家庭科の授業で取り上げられるといいな、と思いました。
e0298709_09250691.jpg
「きちんと知ろうアレルギー」
1 アレルギーって何?(2016)
2 食物アレルギーとアナフィラキシー(2017)
3 ぜんそく アトピー 花粉症(2017)

海老澤元宏 監修
坂上 博 著
ミネルヴァ書房

国の食物アレルギー対策研究の代表者である 国立相模原病院 海老澤先生の監修による小学生、中学生向けの読本。アレルギーについて、基礎から学びたい、正しい知識を知りたい、の要望に応えてくれる3冊です。
e0298709_09260508.jpg

子ども向けと侮れないほど、話題も多岐にわたる充実ぶり。内容については、また別の機会にでも触れるとして、気になった話題をひとつ。

ニラ玉メニューの給食の日に、卵アレルギーの子どもにはアレルギー配慮として、ニラが山盛りつがれたというエピソード。その子が泣きながら食べたという記述には、給食も学習の一環としてとらえるなら、もう少し何とかならないものかと感じた次第。
e0298709_09263861.jpg
ちなみに、私がアレルギー対応の食事をお願いしている市内のホテルでの会食時のデザート

e0298709_09270548.jpg
確かに、食べられるデザート系の果物は、バナナとブルーベリー。

いつも無理を聞いてもらって申し訳ないとは思うものの、同じテーブルに杏仁豆腐とか、チョコレートケーキとかが並んでいるのを ちら見しつつ、もう少し料理人魂を見せてくれても、、、というのが本音のところなのでした。

(潰してシャーベットにするとか、バターでソテーすると美味しいんですよ)

あね
++++++++++


by 3f-company | 2019-08-05 06:00 | 読書

「プラスチック フリー生活」

地球上の皆さん、ほんとに ほんとに ごめんなさい!

読みながら、何もかも うわーっと投げ出して、逃げ出したい心待ちになりました。

e0298709_13183430.jpg
「プラスチック フリー生活」
今すぐできる小さな革命
著者 シャンタル フラモンドン
ジェイ シンハ
訳者 服部雄一郎
NKK出版(2010)

いまさら聞けない、プラスチックに関するあれこれを詳しく、わかりやすく解説。実際に身の回りにあるものを取り上げているので、入門書として最適かと。

ただし、具体的過ぎて、自分がいかにプラスチックの恩恵に預かっているかを自覚する機会にもなり得ます。

e0298709_13232526.jpg


良いこととはわかっていても、脱プラの難しさを改めて実感。便利さに甘えず、できることから少しずつやってみようと思いました。


e0298709_13191834.jpg
あね
++++++++++

by 3f-company | 2019-08-02 06:00 | 読書

「カウンセラーは何を見ているか」信田さよ子著

紹介文の "傾聴?ふっ。---「聞く力」はもちろん大切。しかし、プロなら、あたかも素人のように好奇心を全開にして、相手を見る。(略)" に惹かれて、図書館で予約を入れました。

e0298709_18251085.jpeg

不思議で面白い本でした。

後半の検査入院中の話は、スリリングでドキドキ!

隣のベッドのおばあさんとカーテンの隙間から目が合った瞬間は、サスペンス並みに、背筋が凍りました。

"私たちは毎日のカウンセリングで、目の前のクライアントの「病理」や「症状」に着目して、それをなくそうとするわけではない。それは《治療》、すなわち広い意味での医療の役割である。私たちは病理や症状ではなく、「問題」や「困りごと」を対象として、その《解決》のための援助を行なっている。"

エッセイのような話の中にも、カウンセラーの本質を覗かせてくるところが興味深い。

他の本も読んでみたいな。

elly

by 3f-company | 2019-07-13 06:00 | 読書

はっとした言葉@絵本「この計画はひみつです」

夏が来れば…平和学習!
ひろしま人なら当然でしょう。
e0298709_21023666.jpg
「この計画はひみつです」

先日、elllyがブログで取り上げていた絵本。返却前にチラ見させてもらいました。

訳者あとがきのこの一文に、心底はっとしました。
e0298709_21030247.jpg
「平和をつくろうとしているみなさんへ」

日々の生活のことで忘れがち。小さい頃から平和学習で学んできたこと、それは「平和はつくるもの。」でした。いささか平和ボケ状態の心にガツンと一撃食らいました。

あね
++++++++++


by 3f-company | 2019-07-12 06:00 | 読書