広島市に住む姉妹が毎朝6時に交代で更新中。
by 3f-company
about us, F姉妹
elly(妹): 開運掃除&時短家事。目下の目標は、流れるように家事を回す!シナリー化粧品 アドバイザーとしてお陰様で充実活動中。大学1年娘、中2息子と娘で 5人家族。

あね(姉):なりわいは建築施工・監理。100年先も視野に入れ、心豊かに元気で楽しく長生きすることが目標。そのためにも、地球環境に優しい自然素材や、身体に良い食べ物について思いを巡らせる日々を過ごしています。
記事ランキング
カテゴリ
美容・健康
シナリー化粧品
建築
施工監理 小ばなし
整理・収納・住まい
色彩いろいろ
ホームメイドパン。時にケーキ
マンガ
映画
読書
おでかけブログ(広島圏外)
お散歩ブログ(広島圏内)
広島アートシーン
名勝 縮景園
日用品・文房具
無印良品
ミドリ メッシュペンポーチ
食卓・おやつ・お弁当
イートアウト
シャルレ
季節の行事
日々のできごと
off today
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月


<   2016年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ハサミ

大人になったら使おう、と思っていたハサミ


e0298709_23362023.jpg



中学生か高校生の時にもらったフランス土産です。

大人っていつですか?と自問自答することなく、今の今まで温存。

思い切って毛玉取りに使ってみました。

こりゃすごいわ!切れ味抜群!


e0298709_23362735.jpg



それにしても、新品の包丁を倉庫にしまい込み、切れない包丁を使い続けていたellyの衝撃的な出来事を、秘かに"ヘンケルショック"なんて笑ってた自分。

いやはや。人ごとじゃなかったです。


>>>elly過去ブログ「包丁」(2016.2.17)

あね
****************
by 3f-company | 2016-04-20 06:00 | 日用品・文房具

オムロン電子体温計

- うちの体温計が載ってるんよ!


e0298709_1223114.jpg



高校の美術の教科書~美術① 光村図書

デザイナーのインタビューを読むと、急に愛着が湧きます。


e0298709_12232055.jpg



従来のと比べると、


e0298709_122326100.jpg



液晶画面の数字が大きくなり、格段に読みやすくなっています。

平たくコロっと、かわいい!

ピピピっと、測定も早い。

36.7度。
長女と平熱が同じとは、知らなかったわ。

elly
****************
by 3f-company | 2016-04-19 06:00 | 日用品・文房具

合格鉛筆 by太宰府天満宮

ー受かりそうでしょ?


e0298709_2249419.jpg



太宰府に行ったellyからお土産をもらいました。

>>>elly過去ブログ「春の旅行2016@太宰府天満宮」(2016.4.7)


合格鉛筆 "マークシート対応"(*)(MONO鉛筆)


e0298709_22491288.jpg



御神木、"梅"のマーク入りです。
使う前から、受かった気がしてきました。

さて。袋から出してみると、一緒に申し込み用紙が入っています。

何かしら?


e0298709_22494029.jpg



"学業祈願申し込み案内"

"住所、氏名など必要事項を記入の上、初穂料(5,000円)と一緒にお申し込み下さい" 旨の案内です。

さくっと、申し込むべきか?
そこまでは良し、と割り切るべきか?

ただ今、変なプレッシャー感じてます。

あね

(*)「濃く、はっきりとマークでき、プラスチック消しゴムできれいに消去できる超微粒子芯を採用。硬度はマークシート試験に適したHBです。」(トンボ鉛筆HPより)
****************
by 3f-company | 2016-04-18 06:00 | 日用品・文房具

アクセサリー入れ

居間の引き出しに自分のアクセサリーが入っていることに違和感を感じ、撤収することに。

ふわふわと外側が弾力のある入れ物を買って来ました。


e0298709_21582036.jpg



インナーキャリング メッシュ B5
1500円プラス税 ハンズにて。

100均でチャック袋も購入。


e0298709_21582784.jpg



切手の整理のときに余ったチャック袋も使いましょう。

>>>過去ブログ「切手の整理」(2016.2.27)


大中に分けて。


e0298709_21583812.jpg



かさばっていたケース類は処分。

内ポケットがたくさん付いているので、使っていない指輪と時計もコンパクトに納まりました。

衣類の引き出しにポンと入れて、okです。

elly
****************
by 3f-company | 2016-04-17 06:00 | 日用品・文房具

映画「スポットライト 世紀のスクープ」@八丁座

超一流の面々が"チーム"に徹しています。
それに値する使命感を感じました。



e0298709_1111385.jpg



映画「スポットライト 世紀のスクープ」
(2015、アメリカ、
原題:「Spotlight(*)」)

時は2001年、アメリカ・ボストン。地元の新聞社が舞台。

カトリックの神父による児童性的虐待を、教会が組織ぐるみで隠蔽していたという衝撃の真実を突き止め、地道な取材活動で裏を取り、スクープ記事にするまでの顛末を描いています。

被害者が存在するという実話です。扱う事柄が事柄なだけに

"これを中途半端な評価の作品で終わらせてなるものか!"

俳優陣含めスタッフ一同のそんな強い思いがあったことは想像に難くないところ。劇中に出てくる記者たちのチーム力が、本作品の製作に関わる人たちのチーム力に重なります。なにしろ突き抜けたレベルに達していないと、たとえそれが正しいことでも聞いてはもらえない、というのは世の常識。ディカプリオの地球温暖化問題に関する長〜いスピーチが注目されたのも、今回オスカーを取ったからこそ。現実は厳しいものです。

本作品は本年度アカデミー賞、作品賞(&脚本賞)を受賞


e0298709_1112662.jpg



そして、槍玉に挙げられたカトリックの総本山バチカンでも、試写会が開かれたとのこと。"ペンは剣より強し"とはよく言われますが、"映画は剣より強し"、すごいことです。

サスペンス的要素もあるスリリングなストーリー展開で、エンターテイメントとしても楽しめる。本格的な社会派でありながらバランスが取れた、オスカー像にふさわしい作品でした。

あね



e0298709_1113714.jpg



映画「スポットライト 世紀のスクープ」は
4月15日から八丁座にて上映。

(*)Spotlight(スポットライト)とは、ボストン・グローブ紙の徹底した調査取材に基づく特集記事のタイトル。この記事を担当する少数精鋭の記者で編成されたチームの名前でもあります。

****************
by 3f-company | 2016-04-16 06:00 | 映画

春の旅行2016@別府鉄輪(かんなわ)

- 年寄りみたいな観光だね。
と、親には言われましたが、

別府の地獄めぐりへ行って来ました。


e0298709_2237084.jpg



コバルトブルーの海地獄。


e0298709_2237875.jpg



湯に含まれる硫化鉄でこんな色になるらしい。

こちらは庭園も美しいです。


e0298709_22371557.jpg



もう一ヶ所は、血の池地獄。


e0298709_22373443.jpg



この色は、熱泥に含まれる鉄が酸化するためとのこと。

無料で足湯も出来ます。


e0298709_22374174.jpg



昼は、'鉄輪豚まん本舗'で、


e0298709_2237504.jpg



ほ~かほか!


e0298709_22375843.jpg



大きいのに味がさっぱりなので、パクパク食べられます。

帰路は、別府から車で1時間半の竹田津へ向かい、


e0298709_2238855.jpg



山口県の徳山までフェリーで帰りました。

こちらでも桜が満開。


e0298709_22381715.jpg



(撮影:2016.4.4)

超綺麗な街並みと思ったら、


e0298709_2238268.jpg



町名に桜が入っていました。

二泊三日の旅行はこれでおしまい。
本当に桜に恵まれた旅でした。

elly
****************
by 3f-company | 2016-04-15 06:00 | おでかけブログ(広島圏外)

ゼブラ「サインペン 筆サイン(細字)」

使いやすい太字のペン、なかなか ないんですよね。


e0298709_22295655.jpg



ゼブラ
「サインペン 筆サイン(細字)」
150円(税別)

こちらは筆文字が書けると言うのがウリのようですが


e0298709_22301225.jpg



筆ペンというには筆のしなりが少ない感じ。かと言ってサインペンのように融通の利かない感じでもなし。ペン先にほどよい弾力性があるので、ちょうど両者の いいとこ取りと言ったところ。徐々に先が割れてきますが、その頃にはインクもかすれ気味で、ちょうど買い替えのタイミング。

書いた文字がしっかり目立って、しかも裏写りしないというのもポイント高し。

色をいろいろ使わずに、線の太さで文字を書き分けている者にとっては、強い味方です。


e0298709_22303237.jpg



ちなみに、市内では紙屋町の"オフィス24"で取り扱いされています。
どうか末長く、販売しておくれ。

あね
****************
by 3f-company | 2016-04-14 06:00 | 日用品・文房具

春の旅行2016@九重"夢"大吊橋&湯布院

湯布院へ向かう途中、立ち寄りました。

標高777mの橋上。


e0298709_2274121.jpg



大分県の九重"夢"の大吊橋。


e0298709_2275026.jpg



歩行者専用吊橋としては長さ・高さともに日本一の吊橋は、滝の眺めもなかなかです。


e0298709_228029.jpg



風で揺れたり、見下ろしたりすると、


e0298709_2281084.jpg



恐ろしや~。

湯布院へ到着すると、湯けむりがあちらこちらから。


e0298709_2281916.jpg



奥に見える山は由布岳。
菜の花の黄色と桜のピンク。

それはそれは、綺麗でした。

(撮影 2016.4.3)

elly
****************
by 3f-company | 2016-04-13 06:00 | おでかけブログ(広島圏外)

再読「娚の一生」西 炯子

DVDで鑑賞したので、ひさしぶりに原作を読み返してみました。



e0298709_18143194.jpg


「娚の一生(おとこのいっしょう)」全4巻
西 炯子(にしけいこ)
小学館(2009-2012)


>>>elly過去ブログ「『娚(おとこ)の一生』 西 炯子 著」(2015.3.10)

50代大学教授"海江田先生"と30代女性"つぐみ"の年の差カップルの物語です。

東京の大手電気メーカーで"ミス原発"と呼ばれていた"つぐみ"が、祖母の暮らしていた鹿児島に住まいを移し、地熱発電に取り組み始めます。地元の人たちの猛反対をキャリアウーマンらしくうまくあしらいつつ、各方面の調整も含めて奮闘する、というのがこの物語の全編通じての骨太コンセプト。

方や、映画版。


e0298709_18142979.jpg


映画「娚の一生」(2015)

"海江田先生"を豊川悦司、"つぐみ"を榮倉奈々が演じています。

前述の骨太の設定はどこへやら。このふたりと、ふたりをとりまく時間がゆるゆる流れる単なる恋愛映画と化されていました。

ストーリーはさておき、亡くなった祖母の染色の仕事を彼女が引き継ぐ、という映画オリジナルの設定のおかげで、藍染めの"藍"の色が効果的に使われているシーンが多く登場していたのは、思いがけない収穫。インテリアの参考にと、静止画面にしてじっくり観察しました。

もうひとつついでを言えば、4巻全部の表紙を並べると


e0298709_18143275.jpg



ひと続きの絵になっていることに気づきました。

あね
****************
by 3f-company | 2016-04-12 06:00 | マンガ

春の旅行2016@九州国立博物館&太宰府政庁跡

太宰府天満宮から宝物殿へ向かうとその先に、「如水の井戸」。


e0298709_18221733.jpg



江戸時代、黒田官兵衛が使っていたとか。

さらに歩くと、長い上りエスカレーターが待ち受けていて、九州国立博物館の入り口へ続きます。


e0298709_18222543.jpg



山奥にこんなでっかい建物!


e0298709_18223471.jpg



かまぼこ板のようなうねった屋根が特徴的。

建築家は、久留米市出身の菊竹 清訓 (きくたけ きよのり)氏 。

室内に入って、見上げると。


e0298709_18224245.jpg



こちら、「日本文化の形成をアジア史的視点から捉える」というコンセプトの博物館。

なんと!

新学期になって持ち帰った6年生の社会の教科書に載っていました。


e0298709_18225318.jpg



でも、我々はニュージアムショップで買い物を楽しんだだけ。

仕方がないので、教科書を読んで学びましょう。

その後、車で5分の太宰府政庁跡へ。


e0298709_1823586.jpg



(2016.4.3撮影)

桜がとても綺麗。


e0298709_18231272.jpg



お花見日和で、たくさんの人で賑わっていました。


e0298709_1823198.jpg



7世紀後半から奈良・平安時代にかけて、九州を治めた役所のあった場所ですが、現在は広い史跡公園。

教科書にも、


e0298709_18233121.jpg



「現在も柱の土台となっていた立派な石が残されています」。

しかし、駐車場へ続く路地が大渋滞のため、一瞬立ち寄っただけ。

これまた、石、探せず。

太宰府、見どころ多すぎだわ。

elly
****************
by 3f-company | 2016-04-11 06:00 | おでかけブログ(広島圏外)